最新 医学部&医者

第28回】榎木英介(近畿大学附属病院臨床研修センター講師)インタビュー

医局の研修も利点はあるが厳しい徒弟制度は時代遅れ

 2004年度に臨床研修医制度が始まって以降、大学病院の医局に所属せず、フリーランスのように病院を回る医師が増えました。同時に、若手が集まらない医局は弱体化しました。現在、大学病院の教授たちを中心に、新しい専門医の養成制度をつくる計画が進められているのは、医局側の巻き返しという面もあるのでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
最新 医学部&医者

週刊ダイヤモンド

医学部受験が過熱しているが、どれだけの人が医学部の真の“序列”を知っているだろうか。医学部に入るということは、医師になることを意味するが、入る医学部によっては今後の人生を大きく左右しかねない。そこで本特集では、日本に81ある医学部を徹...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません