京成立石に残る奇跡の路地【呑んべ横丁】

2020年の五輪開催を見据えて、東京の街は大きな変貌を遂げつつあります。その危機感から、今ならまだ間に合う、今しか会えない、昭和の古き良き風景を伝えるべくスタートした本連載。
第2回目は、数年のうちにすべて取り壊される予定だという「呑んべ横丁」。古い看板やトタンが醸し出す独特の雰囲気を味わえるのも、あと少しなんです。


都によって都市計画の決定がなされれば、横丁一帯の土地の整理は一気に進むだろう。また同時に、仮線敷設のための準備も進んでいて、横丁の駅側半分があと1年ほどでなくなる。そして数年のうちに全部を取り壊す予定だ。

「血を売って、そのお金でホルモン食べて酒飲んだんだってよ」。スナック〈しらかわ〉の征子ママは菩薩のような笑みを湛えて言う。ここ京成立石駅の近くには、かつて大きな製薬会社があり、売血が盛んであった昭和30年代、そこに通い自分の血を売って得たわずかの金をモツ焼き屋で飲んで使ってしまう人々もいた。征子ママがこの地に来たのはずっと後のことだけれど、そんな昔話が飛び交う。角に座る常連のおやじさんは地元の人。ある玩具の工場が「この前やめちゃった」なんて話もしてくれた。以前はセルロイド工場など玩具の製造も盛んであり、現在もタカラトミーの本社所在地でもある。

小さなカウンターを囲んでこんな話をしていたのは、下町酒場横丁のエキスを濃縮しきったような、ここ〈呑んべ横丁〉。もう筆者が描写するまでもなく、写真を見ればわかりますね。トタンや看板が作る翳の濃さは一度目にしたら吸い込まれるほどの濃度と魅力を持っている。全45コマのうち、スナックを中心に22店が今夜も客を待つ。……突然だが ここで、70年ほど過去にタイムスリップしよう。

〈しらかわ〉にて。この店のコンパクトさよ! 誠に心地いい。


このアーチをくぐればすぐにタイムスリップできる。過去への一方通行ではあるが。
ひとりの人物が、後々まで愛される路地を作った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2020年五輪の話題が「光」なら、消えゆく昭和の風景は「翳」。まぶしい光でなく翳にこそ惹かれる、そんな人々に向けた渾身の一書!

この連載について

初回を読む
東京ノスタルジック百景 シーズン2 ~今見ておきたい昭和の風景

フリート横田

ライター兼編集者として、数々の街歩き取材を重ねてきたフリート横田氏。著書『東京ノスタルジック百景』からのcakes連載が好評を博し、満を持して書き下ろしの連載がスタート。2020年の大イベントを控え、急激に変化しつつある東京。まだわず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

konbusakelove 京成立石の「呑んべ横丁」無くなっちゃうのか・・・ https://t.co/XN71QxJdvJ 1年以上前 replyretweetfavorite

lessthan500 「数年のうちにすべて取り壊される予定だという」 > 1年以上前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden 取り壊されちゃうの? そりゃ残念ね  1年以上前 replyretweetfavorite

tyubei |フリート横田|東京ノスタルジック百景 再開発で無くなるんだ。 https://t.co/CRkQh9Ewds 1年以上前 replyretweetfavorite