最新 医学部&医者

第22回】医学部合格はスタートライン 医師になるまでの10年間(前編)

医学部に合格した後、医師国家試験に合格するまでに6年、その後の研修医期間が4~6年、30歳前後でようやく一人前の医師となる。その知られざる道程をつぶさに解説していこう。

 医学部入学は、一人前の医師になるための、約10年に及ぶ長い道のりのスタートにすぎない。医学部6年、研修医期間は人にもよるが4~6年。現役合格でも、医師として独り立ちするころには、すでに30歳近くになってしまうからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
最新 医学部&医者

週刊ダイヤモンド

医学部受験が過熱しているが、どれだけの人が医学部の真の“序列”を知っているだろうか。医学部に入るということは、医師になることを意味するが、入る医学部によっては今後の人生を大きく左右しかねない。そこで本特集では、日本に81ある医学部を徹...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Dr_Zetton 確かに、医学部2年の時にその暗記する量の多さいわゆる”医学部の洗礼”を受けたのを覚えている。https://t.co/32Wjowfsic 約3年前 replyretweetfavorite