舌を「洗濯」すれば、無理なく痩せられる!?

予防医学研究者である石川善樹さんが、人類史上最大の難問であるダイエットを解き明かした書籍『最後のダイエット』(cakes連載はこちら)。最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使した内容でしたが、さらに研究を続けていくうちに、新たな発見があったそうです。運動習慣をつくって痩せるのはハードルが高いと思い直したよしきさんがたどりついた「舌痩せ」とは…? 前編、後編でお届けします。前編はこちら。(聞き手:加藤貞顕)

食の近代化で、歯並びが悪くなる

石川善樹(以下、石川) 前回、ダイエットのために運動や食事制限を習慣化するのは、ハードルが高いことに気がついたというお話をしました。そこでたどり着いたのが、「舌痩せ」だったんです。

— 「舌痩せ」……? 何やらあやしい響きがありますよ。

石川 ちゃんとした話です。舌痩せの説明をするために、まずアメリカのプライス先生の話をしますね。

— はい。

石川 ウェストン・プライス博士は、20世紀初頭の歯科医です。彼は診療をするなかで、親世代に比べてその子どもの口腔状況が劣化していることに気づいたんです。つまり、虫歯が多い、歯並びが悪い、顎が細いなどの問題を抱えている子が多かった。それで、彼は1930年代に世界各地でフィールドワークをして、さまざまな先住民族の口の中を調査しました。そして、劣化の原因は食生活の近代化であることを明らかにした。

— 食生活の近代化。どういうことでしょうか。

石川 たとえば、スコットランドの北西部にゲール人というケルト系民族がいます。プライス博士がフィールドワークをした時代というのは、「伝統食」と「文明食」が混在し始めた時期で、ゲール人の兄弟でも兄は伝統食を食べ、弟は文明食を食べて育ったといったケースが観察できた。比較ができる条件がそろっていたんですね。兄弟の口の中を見せてもらうと、兄はきれいな歯が並んでいるけれど、弟は歯が欠けていたり、歯並びが悪かったりしている。こうしたフィールドワークから、彼は『食生活と身体の退化—先住民の伝統食と近代食 その身体への驚くべき影響』という本を書きました。そこでは、アフリカの部族でも白人の食事を受け入れるようになると、相当数の子どもにはっきりとした顔の変形と、歯列弓の不整、虫歯などが見られたと書かれています。

— 食べ物がやわらかくなってきて顎の形が変わってきてるっていいますよね。でも、歯並びがダイエットがどう結びつくんですか?

石川 もう少し聞いてください。では、日本はどうなのか。日本でも、伝統食から文明食、つまり食の欧米化は進みましたよね。今の私たちは西洋食をたくさん食べている。それはいったいいつ頃からだったのだろう、と考えたんです。ヒントになるのは、農文協が出している『日本の食生活全集』です。これは全50巻あります。北海道から沖縄まで各都道府県で47巻と、アイヌの食事1巻、総集編2巻で、合計50巻。

— そんな本があるんですね。

石川 これじつは、200万部以上売れている隠れたベストセラーなんですよ。全国各地のおばあさんに、各地の風土と暮らし方から生まれた食生活について聞いて書いた本なんです。いわば郷土料理のデータベースですね。たとえば、栃木の巻にはこんなことが書いてあります。「……油は盆と正月に一升ずつ買うのがふつうで、それを大事に使いのばす。それ以外に油をたくさん買うのは、女にとってははずかしいことである」。

— へえ、当時の考えかたがわかりますね。

石川 それ以外にも、当時の農家の女性がどういう生活を送っていたのか、ということが詳細に書かれています。農作業をしつつ食事の支度をして、家族が寝ている間も明日の準備をしないといけない。夜遅くに畑と台所を忙しく往復し、「ああ、こうして私は老けていくのだ」とさびしくなって涙を落とすこともあったとか。

— そうか、たいへんだったんですね。まだスーパーマーケットなんてないから、食料は自給自足で畑から調達してたんですね。

石川 そう、少し前までは、こういう生活が当たり前だったわけですね。そして、こういう農家の方々をどうサポートするかというところから、日本の戦後の健康支援が始まっているんです。彼女たちの食事の支度を少しでも楽にしようと登場したのが、キッチンカーです。

— キッチンカー?

日本がアメリカのような肥満大国にならなかった理由

石川 デモンストレーション用のキッチンがついたバスみたいなものですね。第二次大戦後、国内の栄養状態を改善するために、キッチンカーが各地をまわり、実際に調理をしているところを見せて、栄養改善のための料理講習会を開いたんです。ここで初めて、油と乳製品と小麦粉を使う洋食や中華料理が広まりました。それまでの農家の食事といえば、ごはんと味噌汁と漬物が基本だったんです。

— 日本の食の欧米化が始まったんですね。

石川 そうです。このキッチンカーで洋食の作り方を教える活動は、通称「フライパン運動」と言われています。このフライパン運動で、日本の食生活がガラッと変わる。この運動は、昭和31年から34年にかけておこなわれました。じつはこの運動を仕掛けたのは、アメリカの小麦農家だったんです。戦争が終わって小麦の輸出先が減った小麦農家が目をつけたのが、日本だった。日本の方も、貧しい食生活を改善したかった。そこで両者の思惑が一致して、厚生労働省の指導のもとに、キッチンカーが全国を走り回ったんです。

— こうなってくると、ダイエットというよりはむしろ「日本人がなぜ太ったのか」という話になりそうですね。だって、昔と比べて明らかにカロリーが高いものを食べるようになったわけでしょう?

石川 そう、「油を買うのは恥」からの、「フライパンで油を使って炒めましょう」ですからね。脂と糖の摂取量が格段に上がった。

出典︰厚生の指標臨時増刊「国民栄養の年次推移」1995、学会センター関西/学会出版センター「糖と健康」1998年7月号

石川 脂と糖をたくさん摂る食生活が基本のアメリカは、肥満大国ですよね。100kg超えている人が当たり前にいる。でも日本は食の欧米化が進んでも、そうはならなかった。なぜでしょうか。ここにダイエットのポイントがあるんです。

— それは気になります! そのポイントとは?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
最後のダイエット・特別最新版

石川善樹

予防医学研究者である石川善樹さんが、人類史上最大の難問であるダイエットを解き明かした書籍『最後のダイエット』(cakes連載はこちら)。最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使した内容でしたが、さらに研究を続けていく...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

charlotte23j @mamino_petasuke そういえばこないだ読んだんだが、アメリカ式の食生活が輸入されたのに日本でアメリカほど肥満が増えなかった理由は「うま味の食文化」があったからって主張してる人がいた。 https://t.co/ccP77vSyGT 15日前 replyretweetfavorite

omochihan こんぶちゃ!やってみようかなぁ。 確かに食生活を変えてた数年前はカントリーマアムとかブラックサンダーとか食べられなくなってたもんな。味覚がかわって。 https://t.co/Py0RwnkpG0 18日前 replyretweetfavorite

harrrk26 舌を洗濯。昆布茶。ダイエット。 https://t.co/RCoDAG1ZNa 21日前 replyretweetfavorite

hackaku やって…。みます? https://t.co/PEAhA3UWrE 21日前 replyretweetfavorite