博士が『コミュ力を上げる機械』を作らないたったひとつの理由

つまらない飲み会を乗り切るための発明品「会社の飲み会マリオ」を試してみることになったニケ。しかし、ふと思ったのです。博士は「コミュニケーション能力が低い」という根本的な問題から目を背けているんじゃないか、と。ニケは発明で、コミュ力の高い人間に生まれ変わることができるのでしょうか?

古見宇こみう博士
23歳男性。生後一週間でマクローリン展開をする。四歳でハーヴァードに入学。六歳で数学の博士号を取る。二十歳で万物理論を完成させたのち、「コミュニケーション」の発明を行う古見宇発明研究所を設立する。

ニケ
32歳女性、千葉県出身。古見宇研究所助手。好きなものは竹輪とGINZA。嫌いなものはセリーヌ・ディオン。「宇宙の解」を知って絶望していた博士に「コミュニケーション」という難題を与え、結果的に古見宇研究所の設立に繋げる。



 その日も博士は、いつものように新しく完成した発明品の説明を私にしてくれた。

「会社の飲み会マリオ」というその発明品は、専用のコンタクトレンズをつけることにより、同僚や上司が自慢話や興味のない話をはじめると、視界にマリオ風ゲームのステージが登場する。

 コンタクトをつけている間は、相手に気分よく話してもらうための思考ルーチンが自動で起動する。「機械に対して一時的に脳を預けておく」ということらしい。そして、ステージに登場する敵キャラをタイミングよく倒すことが、現実世界において、相手の興味のない話に対する適切な相槌にリンクしている。つまり、こっそり机の下でコントローラーを使い、目の前のステージをクリアするだけで、退屈な飲み会の時間を愛想よくやり過ごすことができる、という発明品だった。

 その発明品自体はおもしろそうだったし、たしかに便利だと思ったけれど、私はどうしても「あること」を聞きたくなって仕方なくなってしまった。

 古見宇発明研究所で助手をはじめてから、ずっと抱いていた疑問だった。
 それは「博士はどうして『コミュニケーション能力を上げる機械』の発明をしないのだろうか」というものだった。

 でも、そのことを口に出したことは一度もなかった。どうして今まで口にしなかったのか、自分でもよくわからない。

 この研究所はコミュニケーションに関する発明をする場所だ。
 それなのに、たとえば「相手のプロフィールを正しく読み取る機械」だったり、「ノウハウという地雷を回避する機械」だったり、博士はいつもコミュニケーションのまわりにある、細かな部分に注目している。

「会社の飲み会」にしたって、そもそもコミュニケーションの能力が高ければ難なくやり過ごすことができるはずなのに、博士は本質的な部分に目を背け、マリオ風ゲームを作って、対処療法のようなことをしている。

 博士は天才だと思う。
 でも、そう思うからこそ、どうして根っこの部分を解決しないのか理解できなかった。


「会社の飲み会マリオ」を試しにやってみてから、「コンタクトを外してきます」とトイレへ向かった。戻って席に座った私は、すぐにコンタクトのケースを博士に返した。

「コントローラーも返して欲しい」

 私は「わかりました」とうなずきながら「すばらしい発明だと思います」と続けた。「でも—」

「でも?」
 博士が聞き返した。「どこか気になるところがある?」

「……いや、いいんです。なんでもありません」

「気になることがあるのなら、遠慮なく言ってほしいんだけどな」
 発明品を片付けながら、博士がつぶやくように言った。

「……じゃあ言います。『会社の飲み会マリオ』はいいんです。発想力も技術力もすごいと思います。でも、結局飲み会で愛想よく振る舞えないのって、コミニュケーション能力が低いからですよね? 博士っていつも、その根本的な問題を解決しようとしないじゃないですか」

 博士は手をとめて、直立したまま私の話を聞いていた。そのまま無言で天井を見つめてから、しばらくして「……本気でそう思ってるの?」と聞いてきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

伊藤計劃をめざす日本SFの最先鋭、20代以下6作家によるトリビュートアンソロジー

伊藤計劃トリビュート2 (ハヤカワ文庫JA)

--- - 草野 原々 - ぼくのりりっくのぼうよみ - 柴田 勝家 - 黒石 迩守 - 伏見 完 - 小川 哲
早川書房
2017-01-24

この連載について

初回を読む
古見宇博士の珍奇な発明

小川哲

二十歳で「宇宙の解」を知って生きる気力を失った大天才、古見宇(こみう)博士。そんな彼が絶望の果に見出した謎は「人間関係」でした。まだ誰も光を当てていない種類の「コミュニケーション」に関する発明品を作ることに生きがいを見出し、古見宇発明...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kokumurak 「会社の飲み会マリオ」というその発明品は(中略)同僚や上司が自慢話や興味のない話をはじめると、視界にマリオ風ゲームのステージが登場する。 ↓ 3年以上前 replyretweetfavorite

2d_3310 |小川哲|古見宇博士の珍奇な発明 星新一のショートショートみたいだっただまされた…https://t.co/zc5NEvuxQs 3年以上前 replyretweetfavorite