知らないうちにあなたも「奴隷」化している

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっています。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫ですか?自分の人生を失ってはいませんか?
大学受験の失敗を機に、以後十五年間、実家で引きこもり生活を送った田中慎弥さん。そのなかで悟った孤独の効用とは。芥川賞作家が語る、自分を取り戻すための人生論。
書籍『孤独論~逃げよ、生きよ~』を、発売に先駆け特別先行掲載いたします。

 わたしは小説を書くことを仕事にしています。

 たまに出歩いて、映画を観たり飲みに行ったりすることはありますが、まあそんな機会はさほど多いわけではありません。たいていの時間は、鉛筆を手に、じっと机の前で過ごしている。これがわたしの日常です。

 眼に映る景色にさほどの変化はないにしても、机の前で集中していると不思議なことに、おぼろげながら見えてくるものがあります。少し距離を置いているからこそ、世の中のある一面が浮き彫りになるという事態は往々にしてある。

 世の中で起こっている出来事を眺めていて強く感じるのは、仕事、学業、人間関係、因習、しがらみなどによって、いまを生きる人の多くは、「奴隷」になってしまっているのではないかということ。

 それでいいのか。鍋の中の水を泳いでいて、その鍋が火にかけられていることに気づかず、知らないうちに茹で上げられてしまう蛙のようになってもいいのかどうか。

 そこから抜け出せる可能性はあります。多少の困難を伴うかもしれませんが、自分の人生を取り戻すのだ、生き方はみずから選ぶのだという自覚を持てば、変わっていけるかもしれません。

 奴隷のままでいたくなければ、少し自分自身の頭を使って考えてみるのはどうでしょう。

 自分の頭で考える──。このシンプルにして味わい深い営みが、奴隷状態から抜け出すポイントだとわたしは考えます。

「奴隷」とは

 ここでわたしが述べたい「奴隷」とは、たとえばこういう人を指します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「逃げる」は負けではない。自分を取り戻す究極の手立てだ。孤高の芥川賞作家、窮地からの人生論。

この連載について

初回を読む
孤独論~逃げよ、生きよ~

田中慎弥

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみなどによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっている。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫だろうか。自分の人生を失ってはいないだろうか。もし苦しい毎日を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

OsamubinLaden 誰もが何かに隷属しているのさ。一件自由に見える人も自由に隷属している  3年弱前 replyretweetfavorite

raichi_sasabi 「逃げる」は負けではない。自分を取り戻す究極の手立てだ。自分の頭で考える。傾倒しすぎないよう。 3年弱前 replyretweetfavorite

JazzNotWar 「自分の人生は自分で決める」っていう呪文。ほんと、いったい何なんだろう。 https://t.co/ZjeYYx55O4 3年弱前 replyretweetfavorite

ayakahan 私の場合はパリに逃げて、環境と生活するリズムをゆっくりにしたら日本にいた時のおかしなことが見えてきて自問自答するようになりました: 3年弱前 replyretweetfavorite