メルカリ小泉「ネットの可能性は、個人のエンパワーメントが最大化すること」

日米併せてダウンロード数6000万を超える人気フリマアプリ「メルカリ」。2016年12月に、そのメルカリとマンガ『宇宙兄弟』の作家小山宙哉さんをマネジメントする会社「cork(コルク)」との提携が発表されました。前編では、提携のきっかけからプロジェクトの中身について、メルカリの取締役小泉文明さんと「cork(コルク)」の代表である佐渡島庸平さんに話を聞きました。

『宇宙兄弟』グッズの制作で、ファンに生計を立ててほしい

加藤貞顕(以下、加藤) 今回は、「メディアビジネスの未来」というメディアとコンテンツビジネスの行く末を探る連載企画で、お話をうかがえればと思います。というのも、今回は、「cork(コルク)」とフリマアプリの「メルカリ」が手を組んで、おもしろい取り組みを始めると聞きまして。

佐渡島庸平(以下、佐渡島) はい。「『宇宙兄弟』のファンに、グッズを自由に作ってもらって、メルカリで販売できるようにする」プロジェクトですね。


宇宙兄弟×mercari

加藤 というわけで今日は、メルカリの小泉さんにもご登場いただきました。

小泉文明(以下、小泉) よろしくお願いします。

加藤 小泉さんは、ミクシィのCFOなどをご経験された後、メルカリには設立した2013年から参画されて、取締役をなさっています。
 今回の『宇宙兄弟』とメルカリのコラボレーションはどういったきっかけで始まったんですか?

小泉 最初は、今年6月にナイアンティック社と提携して『ポケモンGO』の前身ともいえる位置情報ゲーム『Ingress』の二次創作物を販売をできるようにしたんです。
 もともとIngressでは強いファン同士のコミュニティがあって、自分で作ったグッズを交換できるファンイベントが開かれていたらしいんです。ただ、二次創作のグッズという性質上、どうしてもリアルな場でしか交換ができなくて。

加藤 なるほど。

小泉 ファンは日本中にいるわけだし、どうせならグッズのクリエイターにも利益を還元できる仕組みが作りたいとナイアンティック社の担当者も望んでいたみたいなんです。
 そして、「みんなが安心・安全な環境で二次創作物を販売・購入できる方法」を考えた結果、交流があった当社にお声をかけていただいて、お互いにメリットが大きいと思って提携を決めたわけです。

加藤 反響はどうでしたか?

小泉 とても好評でした。といっても、メルカリ上でIngressグッズの出品数が膨大に増えたわけじゃありません。でも、購買率はかなり高い。だいたいどれもソールドアウトする勢いです。
 さらに、こうやってコルクの佐渡島さんが興味を持ってくれたのは予想外の収穫でしたね。

佐渡島 Ingressとの提携リリースを見た瞬間、「うちもやりたい!」と思って、すぐに連絡したんです。それで『宇宙兄弟』とメルカリのコラボが実現しました。2017年の1月23日から、『宇宙兄弟』の素材を使って制作したファンアートをメルカリに出品できるようなります。

加藤 具体的にはどんな素材でグッズを作れるんですか?

佐渡島 マンガでも使われたシーンやイラストを数十点ダウンロードできるようにしてあります。また、公式認定ロゴを商品に添付すれば、オリジナルのぬいぐるみやアクセサリーを出品することもできます。

加藤 おお、これはファンの方たちは、よろこびそうですね。

佐渡島 そうなんです。なぜ僕がこんな取り組みを始めたかと言うと、あるファンとの出会いがきっかけだったんですよ。その人は、コヤチュー部(『宇宙兄弟』作者の小山宙哉さんのファンクラブ)でイベントがある度に、いつも素敵な自作の人形を持ってきてくれて。小山さんもそれを大事に事務所に飾っています。

佐渡島 で、僕もその人とFacebookでつながるようになって。ある日、「宇宙兄弟のグッズをつくって生計を立てられたら幸せなのに。せっかく時間をかけてつくっても、(かってに売ったりして)小山さんに迷惑をかけたくないし、ずるいことはしたくないから無償で知人にプレゼントしかできない」というような投稿を見かけたんです。

加藤 なるほど。

佐渡島 そう。そんな熱意のあるファンが、『宇宙兄弟』のグッズを作って生活できたら、めちゃくちゃ幸せじゃないですか。それを実現したいと思っていた矢先、Ingressとメルカリの取り組みを知ったわけです。これは弊社でもできるなと。

メルカリの役割は、権利者やファンの利害調整

加藤 佐渡島さんは、メルカリを通じて、市井のクリエイターを支援する方法を発見したわけですね。

佐渡島 そうなんです。

小泉 僕らの会社はインターネットが大好きなんですよね。そのポジティブな可能性をもっと追求していきたいと考えています。

加藤 ポジティブな可能性というと?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メディアビジネスの未来

cakes編集部

インターネットによって、さまざまな業態が変化する2015年のいま。メディアの形とビジネスの仕組みは、どのように変わるのか。cakesの3周年企画として、未来のメディアビジネスの形をつくろうとしているみなさんにお話を伺いました。シリーズ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RayShibusawa これ全然しらなかったんだけどすごいな… メルカリで宇宙兄弟の二次創作グッズを出品していいってオフィシャルに認められてるんだ。。(同人誌はだめみたい) https://t.co/mXTIynwpz8 7ヶ月前 replyretweetfavorite

nazenazeboy "。ある日、「宇宙兄弟のグッズをつくって生計を立てられたら幸せなのに。せっかく時間をかけてつくっても、(かってに売ったりして)小山さんに迷惑をかけたくないし、ずるいことはしたくないから無償で知人にプレゼントしかできない」というよ…" https://t.co/iOY8T1Elzv 1年以上前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri へー。「だから、同人誌はダメだけど、例えば、僕らが編集として携わって、スピンアウトという形で小山さんのサイトに掲載するのはアリだと思う」 1年以上前 replyretweetfavorite

Sinnichio やっぱりこっちの方向に行くよね。LUNA SEAもやってほしい 1年以上前 replyretweetfavorite