胃を休めるどころかお酒がすすむ「鱈とじゃがいも、かぶの葉のポルトガル風おかゆ」

あけましておめでとうございます。2017年最初の更新は、ポルトガル風のおかゆ。年末に怒涛の更新で再開した「ポルトガル食堂」。お正月はそのレシピで食べすぎてしまったんではないでしょうか? ちょっと胃を休めたい……という方におすすめなんですが、困ったことにお酒にもぴったりのおかゆをご紹介します!

cakes読者のみなさま、こんにちは。2017年、平成29年がスタートしました。そういえば平成という元号もどうやらあと少し。昭和世代、平成世代、次はどんな呼び方になるんだろう。そんなことを考えつつ、どなたさまも、今年もよろしくお願いします。

乾杯して、飲んで、食べて、しゃべって、また乾杯しての年末年始も過ぎ、今週後半あたりからやっといつものペースに落ち着いたけれど、胃はお疲れ気味。じゃないですか? 家で食べるなら、ご馳走よりも身体が癒されるようなメニューがいい。そんな方もきっと多いはず。だから今週は、おなかも心も温まるような身体にやさしい料理をご紹介します。材料は、旬のたらにじゃがいも、青菜少々にお米のみ。味の核はたらの旨味とじゃがいものだしです。

たらとじゃがいものコンビは、ポルトガルでは鉄板の組み合わせ。もっともポルトガルでは、たらといえば干しだら(ポルトガル語でバカリャウ)の方が断然ポピュラーで、以前にご紹介した「ピポグランタン」「たらのコロッケ」などは、干しだら+じゃがいもの代表格。干しだらを水に数時間から数日間漬け、程よく塩を抜き柔らかく戻したら、煮たり、焼いたり、揚げたり、炒めたり、グラタン、サラダにと、様々な調理法で楽しんでいるのです。

今回のようにスープ仕立てにすると、じゃがいもの控えめながらしみじみする旨味や程よいとろみがベースになって、いい仕事をしてくれます。味付けは塩だけで、ほかに何もいりません。お米は軽く煮てさらっと仕上げるのがコツ。さらさらにするのは、煮たて過ぎないほかにポイントがもう一つ。それは押し麦。私は普段から、ごはんに1~2割程度押し麦を入れて炊いているのですが、白米100%よりも口当たりが軽く、おかゆにするとさらりと、チャーハンもぱらりと仕上がります。ドリアやカレーのように粘度の高いソースと合わせるときも、ぱらりとした押し麦ご飯は口当たりが軽くて食べやすい。食物繊維も自然と取れるので、押し麦ごはん、おすすめです。

そしてこのおかゆは、軽めの白ワインなどにもよく合います。ポルトガルのヴィーニョヴェルデ(緑のワイン)のような、酸を感じるタイプがとくにおすすめ。うーん、胃は労わりつつも、やっぱりワインを飲まずにはいられない!

Menu do dia本日のメニュー

「鱈とじゃがいも、かぶの葉のポルトガル風おかゆ」

材料(2人分)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いつもの食材があっという間に異国の味に。がっつり食べてお腹も満足、なぜだかお酒が止まらない!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hamtomo これやばそう・・・明日作ろうかな。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

pcat176 |馬田草織 @saoribada |ポルトガル食堂 これぜったい作ってみたいhttps://t.co/ACLQLc32wh 3ヶ月前 replyretweetfavorite

natukusa たまたまみてたらすごいお腹空いた。芋と米だし食べがいありそう。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

konpyu うまそ〜〜〜〜〜 3ヶ月前 replyretweetfavorite