いまこの瞬間を楽しむ 【第28回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』の全原稿を火・木の週2回で公開中!第2章では、心地いい暮らしを支える活動を始めている人や企業をご紹介してきました。彼らのサポートによって実現しつつあるのは、「人間らしい生きかた」であるという佐々木さん。いったいどういうことなのでしょうか。

いまこの瞬間を楽しむ

 仏教のサティ(念)に由来するマインドフルネスという英単語があります。日本語では、「いまこの瞬間に全意識を傾けること」というような意味になります。

 いま自分がここにいるということ。自分がここにいて、周囲にはたとえば青空が広がって、鳥が鳴いて、風が渡っている。そういうまさに現在のこの瞬間を認識して、その世界全体を意識として受けとめているような状態。それがマインドフルネスです。

 スマホを駆使してマルチタスクに仕事をするのも時には必要だけど、気持ちの良い道を歩いているときは、スマホの画面なんて見ないでその気持ち良さに浸り、「いま自分は気持ちいいんだ」と気づくことが必要。そういうマインドフルネスを得ることで、テクノロジーが進化した時代にも人間らしい生きかたをしていくことができ、テクノロジーと人間らしさを両立することができる。

 マインドフルネスを解説した『シンプル・ライフ』(ソレン・ゴードハマー、翔泳社)という本があり、わたしが訳書を監修しているのですが、この中に禅の大家と武道家の対話が出てきます。自分の武術の凄さについてさんざんしゃべった武道家が「あなたは禅の大家として有名だけど、何ができるのか?」と問いかけます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

OsamubinLaden 佐々木さん、これはさすがに内容薄すぎじゃないですか?  3年以上前 replyretweetfavorite

sasakitoshinao 禅の大家が「あなたは何ができるのか?」と問われこう答えた。「拙僧にできることはひとつだけです。歩くときに、歩く。食べるときに、食べる。話すときに、話す」 3年以上前 replyretweetfavorite

a_tocci それに対して、禅の大家はこう答えるのです。「拙僧にできることはひとつだけです。歩くときに、歩く。食べるときに、食べる。話すときに、話す」。 https://t.co/2q9eyUajiz 3年以上前 replyretweetfavorite

a_tocci この中に禅の大家と武道家の対話が出てきます。自分の武術の凄さについてさんざんしゃべった武道家が「あなたは禅の大家として有名だけど、何ができるのか?」と問いかけます。 https://t.co/2q9eyUajiz 3年以上前 replyretweetfavorite