野生に還る」ことで乗り切った不妊治療

精液の運搬、痛みのきつい採卵など、不妊治療中にカザマさんが見舞われた数々の困難。ときには「どうしてこんなにつらい思いをしているんだっけ」と治療をあきらめそうになるなかで、カザマさんが見つけ出した解決策は「野生に還る」!? 突拍子もないエピソードが満載の『出産の仕方がわからない!』夫婦インタビュー中編です。前編はこちら

不妊治療の「採精室」には人妻ものAVがある

— 『出産の仕方がわからない!』では紺野さんの変態紳士ぶりもあますところなく描かれていますが、抵抗はなかったですか?

紺野 そうでした? たしかに「よくそこまで描くのを許したね」と言われることもあるんですけど、隠すようなこと、描いてあったっけ? と思います。

カザマ 彼は基本的に心臓に毛が生えているので、細かいことを気にしないんです。

紺野 おもしろいならなんでも描いたらいいんじゃない、って思ってますね。

カザマ 本当にこういうタイプなんですよ。一応確認をとっても、「ああ、そう? じゃあいいよ」って返事が返ってくる。

— 男性の精液を容器に採取して、病院まで持っていくエピソードも衝撃でした。

本編はコチラ

紺野 あれも経験したおかげでマンガに描けてよかったじゃん。

カザマ 紺野さんはそう言うよね。まあ当時は大変でした。温度が低くなりすぎると、ダメになっちゃうんですよ。だから不妊治療仲間と「どこ入れて持っていった?」「私は胸の間……」とか話したりして。

紺野 家から持って行かないで、病院で採精すればいいというところもあって。不妊治療専門の病院だとあるんですよ、「採精室」。

— 採精室……!

紺野 なんかね、漫画喫茶みたいな設備です。2畳くらいの個室になっていて、鍵がかけられて、マッサージチェアのような椅子の前に、エロマンガとかAVとか置いてある。

— 人妻ものも置いてあるんですか。

紺野 ありますあります。

カザマ シュールだな!

紺野 ぼくが採精室使ったときは、知り合いの描いたエロマンガあったもん。

— まさかの(笑)。

カザマ でも紺野さんは、基本的に自分の家にあるものを持参していたよね。

— 持参も可能なんですか!

紺野 そうだね、持参してました。なかなかおもしろい体験でした。

「野生に還る」エピソードの真相

— 紺野さんには、不妊治療〜出産にかけて「これはちょっと恥ずかしかったな……」というエピソードはありませんか?

紺野 いや、ないですね。

— 即答!

紺野 女性がやらないといけないことに比べたら、男が恥ずかしく感じることなんて何もないですよ。女性なんて、お医者さんの前で足を開かないといけないでしょう。さすがにそれは大変ですよね。痛い思いをする時や、さらしたくないところを他人にさらす時もあることに比べたら、男は結局出すだけだし。

カザマ あれは本当につらい。機械に両足を固定されて、その機械がせりあがっていって、両脚がどんどん勝手に開くからこわくて……。あと、基本的にどの検査も痛いし。(でも産婦人科や婦人科の先生方には診察・治療していただいてとても感謝しています!)私は採卵があまりにもきつくて、あのときはさすがに不妊治療をやめたくなりましたね。「野生に還る!」という結論を出したことで乗り切ったんですけど。

— あのエピソードもすごかったです。野生に還ったカザマさん……。

カザマ 実は自分でも記憶が定かじゃないんだけど、あれ、事実だよね?

紺野 うん、覚えてるよ。「天才!志村どうぶつ園」を見てるときだった。サルの出産シーンが紹介されてて。見てたら、カザマさんが「ああ、動物ってこういうものだよね」と言い出して。

カザマ なんか、サルに親近感をいだいちゃったんですよね。それからは自分でも動物の出産映像をネットで探したりして、野生としての士気を高めました。
やっぱり、私自身にはもともと「子供が欲しい」という気持ちがそこまでなく、「紺野さんが欲しいなら……」というところから始まったので、気持ちがぐらついたときもあって。「紺野さんのために不妊治療を頑張っている自分」に酔っているんじゃないかな?と悩んだりもしました。

— どれだけ長期戦になるかわからないですから、心が弱くなるときもありますよね。これから子作りにコミットするかもしれない男性の方に、女性をささえるうえでのアドバイスはありますか?

カザマ 不妊治療というのは、不妊の原因が男性にある場合であっても、女性側の負担が多くなるものなんですよね。紺野さんのように大雑把に何でもOKしてくれる人は少ないでしょうけど、女性側だけが頑張るものではないという意識は持っていてほしいなと。お医者さんに股を開かされてる姿を、ぜひ想像してみてください……。

立会い出産のポイントは「アリーナに立たない」こと

— 不妊治療のお話をじっくりうかがったところで、出産のお話にうつりたいと思います。カザマさんのマンガはとてもかわいらしい絵柄で、痛そうな場面でもかなりマイルドに読めたんですが……出産のシーンだけは、すごかったです。

カザマ リアルに痛そうな描写のマンガを読むのがあまり得意ではないので、自分が描くときにもそんなに忠実に再現するつもりはなかったんですが……たぶんにじみ出ちゃったんでしょうね。当時の痛みが。

— 他のページのカザマさんと、表情が全然違いましたよ! 当日のことはよく覚えているんですか?

カザマ そうですね。あとでマンガにするというのはわかっていたので、出産直前はメモをとりながら過ごしていました。まあ陣痛の最中はさすがにメモれなかったし、メモとして残ってはいるんだけど、痛すぎて記憶には残っていないことのほうが多いですね。

紺野 ぼくも立ち会いましたけど、だいぶすごかったですよ。マンガではかなりソフトに描いていると思います。

カザマ 血、出てた?

紺野 そりゃ血は出てたよ。終わったあと、股も裂けてたわけでしょ?

カザマ あ、そうだったんだ。いやー、本当に記憶がなくて。

紺野 まあ、ぼくも「股間をのぞきこむな」と言われていたので、詳細にはわからないんですけど。立ち会いたくはあったけど、まさに出てくる瞬間を見たかったかというと、難しいところで。

カザマ 産院の方針としても「アリーナには立たないように」ということでしたからね。

— ライブ会場での注意事項みたいな(笑)。

「頑張れ」って言わないで!

— 立ち会いの間、紺野さんはどうやって過ごしてたんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
出産の仕方がわからない!』カザマアヤミインタビュー

カザマアヤミ

30歳まで男性知識も恋愛経験もゼロのところから婚活を始め、同業の紺野あずれさんとのゴールインを果たすまでの経緯を『恋愛3次元デビュー』でつづり、話題となったマンガ家のカザマアヤミさん。そのカザマさんが、さらに不妊治療に挑戦し、出産する...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

OsamubinLaden 不妊治療自体が全く野生的ではないが…  約3年前 replyretweetfavorite

bear_yoshi 「紺野 病院で採精すればいいというところもあって。不妊治療専門の病院だとあるんですよ、「採精室」。」 「漫画喫茶みたいな設備です。」 /  約3年前 replyretweetfavorite

ao8l22 は~~~めちゃくちゃ面白い 約3年前 replyretweetfavorite

sarirahira 【今回のトピック】 ・不妊治療クリニックに人妻ものAVがある理由 ・不妊治療の秘訣は「野生に還る」!? ・立会い出産のポイントは「アリーナに立たない」こと ・〇〇のときに「頑張れ」って言わないで! https://t.co/zSX1gteHu7 約3年前 replyretweetfavorite