あいつらを急性アルコール中毒にさせなくちゃ

前回、イチョウの葉と熾烈な戦いを繰り広げた金田さん夫婦のもとに、新たな敵が現れました。それは、大量のアブラムシ。すくすく育っていたはずのハクサイの葉をどんどんダメにしてしまいます。そんななか、ご近所さんから「アブラムシ退治には日本酒が効く」という情報を聞きつけ……。金田さん夫婦とアブラムシの戦いの結末はいかに!?

ハクサイについた厄介者

10月、ハクサイが立った。

孔子は三十にして立ったらしいが、うちのハクサイは、苗を植えてから2か月もしないで立ったのだ。

育てて知ったことだが、植えたばかりのハクサイの苗は、葉が横へ広がって成長する。まったくハクサイらしくない。

しかし、葉が15~20枚まで増えたころ。あら不思議、新たに出た葉が、立って生え始める。中心から続々と生まれる葉はどれも空を向き、かたくしまって球になる。

「すばらしい。立ってこそハクサイだよ!」


やや立ってきましたが、まだなんの野菜かわかりません。



こうなったら、どう見てもハクサイです。

しかしその頃、困ったことも起き始めた。ハクサイに、アブラムシがつき出したのだ。

集団で植物にとりついて汁を吸い、ときには病気を移していくやっかいな虫だ。見逃すと、どんどん増える。

「アブラムシ界には、少子化問題ってないのかねぇ」

私は、来る日も来る日も、クラフトテープをちぎっては、アブラムシにペタペタとおしつけた。テープには、つぶれた死骸がびっしりだ。

野菜作りの教科書にも載る駆除法だが、だれが考えついたのか、先人の知恵には頭が下がる。

ただ、粘着部にくっついた葉がちぎれることもあるし、なにより、時間がかかって面倒なのだ。


テントウムシは、アブラムシの天敵。見つけるとハクサイに放しました。でも、寒くなると彼らもいなくなるので、どうにかしないと。

アブラムシは酒で死ぬ?

そんなある日、畑のご近所さんがこう言った。

「アブラムシ退治には日本酒がいいらしいよ」

「酒ですか?」夫は興味津々だ。

「おそらく急性アルコール中毒にしちゃうんだな」

”害虫には〇〇が効く”という話は、農園でよく耳にする。

トウガラシと焼酎で作ったスプレーだの、炭焼きの際にとれる木酢液だの、無農薬派はあれこれ試してみるのだが、なかには効かないものも多い。

私も以前、“アブラムシに牛乳をかけると窒息して死ぬ”と聞き、ためしてみた。確かに数は減ったが、野菜に牛乳がこびりつき、気味が悪いし乳臭い。それを洗い流すのが手間で、それっきりだ。

「酒なら牛乳よりいいかもね。やってみようよ」

夫が乗り気なので、翌日私は酒屋へ出かけた。

(日本酒って、こんなにあるのか……)

我が家は夫婦そろって酒に弱い。飲まないから知識がない。こんなにある酒の中から、どれを選べばいいのだ。「アブラムシに効く銘柄はどれですか?」とは、いくらなんでも聞けないし。

そう思っていると、小さな紙パックに目がとまった。

『清洲城信長 鬼ころし』

効きそうだ。鬼が殺せるなら、アブラムシなど瞬殺だろう。しかも、税抜たったの100円。

私はそれを買い、翌週、畑に持ち込んだ。


鬼ころし、効果あるか!?

「水で薄めたほうがいいんじゃない?」

突然酒をくらうアブラムシもちょっぴり気の毒だが、それよりハクサイが枯れやしないか心配だ。

「いいんだよ、原液で」

夫はスプレー容器にどぼどぼと鬼ころしを注ぎ、それを私につきだした。

「ぼくがやると、車の運転ができなくなる」

「ふきかけるだけで、飲むわけじゃないでしょ」

「いいからやって」

アブラムシに限らず、夫は害虫駆除をしない。殺生は私にやらせて、自分だけ極楽へ行こうという魂胆だ。

しかたなく、私はアブラムシの巣窟に鬼ころしを噴射した。



江戸時代の子どもたちは、この虫をつぶして髪にぬり、テカテカにして遊んだんだそうです。だから「アブラムシ」って言うんですって。

シューッ!

「おっ? 縮こまった?」

近寄って観察すると、アブラムシの背中がぬれている。動きもない。

「これ、効くかもよ」

シューッ シューッ シューッ!

“アブラムシには鬼ころしが効く”という、新たな駆除法の誕生か!? 販路を広げた鬼ころしの会社が、手土産持参で挨拶に来るぞ。

気をよくした私は、「おらおら、くらえっ!」と、鬼ころしを噴射しまくった。

そうして数分後。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シロウト夫婦のズボラ菜園記

金田 妙

毎日、採れたての新鮮な野菜が食卓にのぼる。そんな生活に憧れる人は多いのではないでしょうか。自分で野菜を作れればよいけれど、畑はないし、仕事は忙しいし、週末は遊びたいし…。それでも、思いきって家庭菜園の世界に飛びこんでみたら、おもしろい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kthkr0214 |金田 妙|シロウト夫婦のズボラ菜園記 これを読んで家庭菜園をやるのが夢になった(^O^)虫こわいけど! https://t.co/pInuFnV8hk 約3年前 replyretweetfavorite

muku_dori_ 「販路を広げた鬼ころしの会社が、手土産持参で挨拶に来るぞ」 約3年前 replyretweetfavorite