物語の必要性【第18回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』の全原稿を火・木の週2回で公開中!第2章では、心地いい暮らしを支える活動を始めている人や企業をご紹介していきます。
いったいどうして私たちは、食卓にも物語を必要とするのでしょうか。

物語の必要性

 新鮮な野菜や美味しい食事を前にすると、わたしたちはさまざまなことを語りたくなってくる。

 オイシックスの小堀さんは野菜の料理の話をしはじめると、ほんとうに嬉しそうに、もうことばが止まらない! という表情になります。その様子がとても幸せそうで、聞いているわたしのほうまでなんだか幸せな気持ちになっていきます。

「れんこんは、皮ごと食べようと提案してるんです。皮ごと、まんまのステーキにしちゃう。皮を剥かなければれんこん料理ってめんどくさくないので楽なんですよね。そもそも売ってるれんこんの皮が茶色かったり黒かったりするのは、傷んでるからじゃないんですよ。鉄分が含まれてて、その色が出てるだけなんです。逆に白すぎるれんこんは、漂白剤をつかってる可能性があります。だから茶色や黒でも皮ごと食べちゃう方が楽だし、美味しいんですよ〜。栄養価はどんな野菜でも葉とか根、皮にあって、オイシックスが減農薬にしてるのはそこを食べてほしいからなんです」

「普通のもやしって、エチレンガスと水でつくってるのですごくひ弱。でもオイシックスのもやしが高いのは在来の大豆をつかって土で育てていて、だから根っ子も長くて力強くて日持ちもします。リラックスさせる効果があるといわれている栄養成分のギャバも、普通のもやしより豊富に含まれてます。しっかりして硬いから、もやしを肉で巻いた料理だってつくれちゃう。軽く煮て味噌を溶けば、だしいらずの味噌汁ができちゃうんですよ。これがまた美味しいの!」

「うちの子どもの保育園で、他のお母さんに『うちはセロリの葉を食べさせてる』って話すと、みんな驚くの。『えっ、セロリの葉を食べるんですか?』って。セロリ本体さえ苦くて食べない子が多いのに、葉っぱを食べるなんて信じられない、ってね。だけど、うちはゴーヤーだって子どものころから食べさせてるの。『かけっこが早くなる』『腕ずもうが強くなる』と教えながら、スライスして塩でもんで苦味を抜いてチャプチェにしちゃうんです。するっと食べちゃうよ」

 チャプチェというのは、春雨や牛肉をごま油で炒めて、あまからく味つけした料理です。たしかにこの料理なら、ゴーヤーとかセロリの葉っぱを混ぜても子どもでも食べられそうですよね。

 小堀さんの話を聞いていると、ぐうぐうとお腹がなってきました。わたしも何かつくることにしましょう。今日は、恵比寿のオイシックス店舗で買ってきた塩味のインスタントラーメン。

 油揚げ麺をつかっているけれどけっこうコシがあり、スープはあっさりしていて旨い。インスタントラーメンは登山に持っていくぐらいで、日ごろ自宅では食べないのですが、このラーメンはけっこう気に入りました。

 ただ具材は何も入っていないので、何かひと工夫がほしいところ。さて、どうしようか。

 冷蔵庫に野菜がたくさんあったので、湯麺(たんめん)にしてみます。

◎野菜たっぷり湯麺
用意するのはしゃぶしゃぶ用に売っている豚ばら肉の薄切りと、キャベツやにんじん、もやし、小松菜などお好きな野菜。そしてかたくり粉。野菜は細かく刻みます。豚ばら肉はひとくちサイズに手で裂いて、かたくり粉を少量まぶしておきます。ラーメンの袋に書いてある分量通りにお湯を鍋で沸かします。沸騰したら豚ばら肉を入れて、しばらく煮ます。あくをとりましょうね。あくがなくなったら、野菜を加えてさらに煮ます。もうひとつたっぷりのお湯の鍋を用意して、麺を煮ます。
 野菜は茹ですぎないように。豚ばら肉と野菜の鍋にスープを入れて溶かします。麺はお湯を切って、どんぶりに。その上から具とスープをかけて完成。

 麺のうえにこんもりと具材を盛り上げると、美味しそうな見た目になります。

 透明なスープがあっさりしていながらも豚の脂を吸ってコクがたっぷりに。かたくり粉のおかげで豚はぷるん、とした食感になり、スープも少しとろみが出て、味わい深さがいっそう増しました。

 さて、お腹がいい感じに満足したところで、小堀さんの話をもう少し深掘りしてみましょう。彼女はなにを人々の食卓にもたらそうとしているのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません