規格外」の発想と神話破壊/野菜から生まれる家族の会話【第16回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』の全原稿を火・木の週2回で公開中!第2章では、心地いい暮らしを支える活動を始めている人や企業をご紹介していきます。
「きれいな形でなければ売れない」「規格から外れたものは好まれない」・・・多くの人が囚われていた食にまつわる神話が、いよいよ乗り越えられようとしています。

「規格外」の発想と神話破壊

 小堀さんはもともとは農業や食品業界とはまったく関係のない仕事をしていました。大学を卒業し、新卒で大手銀行に入社。総合職として外まわりの営業を担当し、外貨預金や信託投資を販売していました。

 銀行の仕事は決して嫌いではなく、大好きだったそうです。金融商品を販売し、人の夢をかなえてあげる。しかしやっぱり最初に目標としていた食の会社に入ろうと考え、オイシックスに入社したのです。

 金融業界出身という、まったく外様の部外者である彼女が持ち込んできたのは、古い「食」の神話を破壊し、まったく新しい物語を構築するということだったように思えます。

 流通のありかたも、規格も、味についての考えかたも、日本の食は古いたくさんの神話にからめとられています。

 たとえば野菜や果物の流通を考えると、生産物は戦後の長い期間にわたって農協のコントロール下にありました。大きさや形、傷のありなしなどの規格こそがすべてであり、うま味がどのぐらい凝縮しているのかまで考慮されることはほとんどありませんでした。果物では1990年代から各地の農協に糖度センサーが導入されるようになって、どのぐらい甘いのかが測られるようになっていきます。しかし果物の旨さって、糖度だけではありません。酸味とのバランスが大事なんですよね。

 ピーチかぶをつくっている田中さんが作付けをはじめたとき、小堀さんにこう聞いたことがあります。

「規格はどうする?」

 小堀さんは大きさについてはとくに考えていなかったので、

「じゃあだいたい2、3玉ぐらいで500グラムでどうでしょう」

 となんとなく決めたそうです。それまではすでに規格が決まっている野菜を仕入れるだけだったので、新しい野菜をゼロから規格も含めてつくるっていう経験がなかったんですね。ところが作付けがはじまったある日、畑を見に行ってみると、あの大事なピーチかぶが大量に捨ててあります。驚いて田中さんに聞くと、

「この前決めた規格に合わないから捨てたんだ」

 という答え。農家さんにとっては規格は絶対のもので、田中さんのようなすばらしい農家さんでもそこから意識が逃れられないことを示すエピソードです。

 こういう規格外のものを「ふぞろい野菜」と名前をつけて売ろうとしたところ、他の農家さんからもさんざん反対されたそうです。

「こんなもの売れるわけがない」「恥をかくぞ」

 しかしお客さんたちにアンケートを採ってみると、「安全で美味しければ、形が悪くても買いたい」「規格外を安く買えるのなら嬉しい」という声が圧倒的に多かったのです。この結果を農家さんに見せて説得し、規格品よりも3割ぐらい安い価格で販売をスタートさせたところ、想像を超える売れ行きでした。

 21世紀になっても「きれいな形でなければ売れない」「規格から外れたものは好まれない」というような戦後の神話が、まだ農業の世界には色濃く居座っています。

 食をめぐる、昭和の時代の神話。しかしこの神話は、いままさに解体されようとしています。


野菜から生まれる家族の会話

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sasakitoshinao これからの食材って、買って作って食べる時に食卓で話題が弾むようなものが求められてるね、というお話。 約3年前 replyretweetfavorite

Sinnichio こういう感覚は好き。 約3年前 replyretweetfavorite

anonimastudio 本来の良さが活きた美味しい野菜が食卓にもたらす驚き、喜び。自然に会話がはずみます。 約3年前 replyretweetfavorite