フェスやライブは「非日常空間」として進化を遂げた

10年代に入ってからは、野外フェスの光景も変わってきています。どのように進化を遂げているのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

アミューズメント・パーク化したフェス

 10年代に入ってからは、野外フェスの光景も変わってきている。

 特に「四大フェス」は、すでにロックだけではないバラエティ豊かな音楽が繰り広げられる空間となっている。どのフェスも初開催から十数年の間に少しずつエリアを拡大し、ステージ数を増やしている。

 フジロックは2016年時点で初年度の2ステージから13ステージまで拡大した。同じく2016年時点で、サマーソニックは8つのステージ、ロック・イン・ジャパン・フェスは7つのステージが設けられている。ライブの長さは、たいてい1アーティストにつき数十分から1時間ほど。それが複数ステージで繰り広げられ、一日中どこかで音楽が鳴っている。

 ステージ数が増えたことで、出演者の数も増え、ラインナップも多岐にわたるようになった。

 これらのフェスのラインナップは音楽以外のカルチャーにも広がっている。フジロックでは政治や社会的な問題を扱うトークショー、サーカスや映画上映なども催される。サマーソニックには、お笑い芸人、怪談、大道芸などのパフォーマンスが繰り広げられるステージもある。

 フェスに訪れる参加者の目当ては、もちろん音楽だ。
 しかし、午前中から夜遅くまでの長丁場のイベントでは、ライブを観るだけでなく、屋台のご飯を食べたり、テントやレジャーシートでくつろいだり、それぞれが自由に時間を過ごすことが当たり前になる。野外フェスは音楽を主軸にした「祭り」という本質を持ったまま、新しいタイプの「アウトドア型レジャー」として楽しまれている側面がある。

 こうしてバラエティ豊かな空間へと拡大してきたフェス空間は、いわば「音楽のアミューズメント・パーク」として進化してきたと言える。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

10年代のキーとなるライブとフェスの未来とは?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TwinTKchan 5年くらい前まで「フェス好きです」って言うのはホントの音楽好きだけだったけど、今は「ディズニー好きです」の感覚で「フェス好き!」って言う人増えてるよね。 2年弱前 replyretweetfavorite

enter_ment |ヒットの崩壊|柴那典|cakes(ケイクス) https://t.co/lmUHpieXUN 2年弱前 replyretweetfavorite

kumokumotori あとで読もう。 2年弱前 replyretweetfavorite

k_sato_oo 10年代に広がっていった「アミューズメント・パーク化した 2年弱前 replyretweetfavorite