疲れた胃にやさしい、新年の精進スープ

旬の白菜をたっぷりとくたくたに煮込んだスープ。その他の具は豆腐だけ、味付けは塩だけのシンプルで胃に優しい、でもとってもおいしいけんちん汁をご紹介します。
スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスンです。

休日モードからなかなか戻れない体をスープでリセット

今年最初のスープ・レッスンでは、さっぱり食べられて胃に負担をかけない、さらにお財布にもやさしい精進スープを作ろうと思います。
主役は、寒さによってさらに甘みをたたえた冬の代表野菜・白菜。たっぷりの白菜を豆腐と合わせて、けんちん汁風に仕立てます。

けんちん汁はごぼうや大根、にんじん、里芋など、さまざまな根菜と豆腐をごま油で炒めて煮込んだ具だくさんの汁ですが、白菜と豆腐だけなら思い立ったとき気軽にできます。しっかり煮込んだ白菜のおいしさをあらためて感じるスープです。

白菜と豆腐のけんちん汁

材料(3~4人分) 所要時間:約20分(豆腐の水切り時間は除く)

白菜 1/4個(約800~900g)
木綿豆腐 1丁(300~350g)
塩 適量
ごま油 大さじ3
水 1L
ラー油 好みにより適宜

1.豆腐と白菜の下ごしらえ
木綿豆腐は、バットなどに置き、キッチンペーパーを重ねた上から重石がわりの皿をのせて2~30分水分を切る。またはキッチンペーパーでくるみ、レンジに1~2分かけて水切りをする。★1
白菜は洗って、1~2cm幅に切る。ざっくり葉と芯に分けておく。★2

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

m_m1941 @nobuko58364135 なんか、このへんからさらに減塩するような、そんな感じになっちゃいますね: 8ヶ月前 replyretweetfavorite

domotwitta これこれ。これ作りたい。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

megum___i 作りたいんだけど会員登録しないと続きが読めない… https://t.co/ozzUowatJI 9ヶ月前 replyretweetfavorite

nemuryllis 朝ごはんはこれです 9ヶ月前 replyretweetfavorite