結婚てこんなに素晴らしい

2017年、最初の「ワイングラスのむこう側」は、結婚のお話から始まります。常々、結婚は良いといい続けている林伸次さん。実際にどんなところが良いのか、思いつく限り綴っていただきました。

結婚が良い理由を公開します!

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

最近、20代後半の美人OL二人組という常連さんがいまして、最初のうちは「恋人いないんです」とか言ってたのですが、隣り合わせた男性に良い人を紹介してもらったりして、二人とも恋人ができたようなんですね。

で、僕はどうもおせっかいでして、「結婚は?」なんて彼女たちに言ってみたんです。すると、「周りの既婚者はみんな結婚なんて良くないとばかり言うんです。でも林さんは結婚は良いって思ってるんですよね。じゃあ今度cakesで結婚は良いよって文章を書いてください」と言われたので、書きます。

まず一つ目、これ東京姉妹の知恵さんも書いていたし、たまに聞く話なのですが、男性の方はよくわからない感覚です。未婚女性って、合コンとかちょっとした飲み会とか新しい職場で知らない未婚男性と出会ったとき、すごく構えちゃうそうなんです。「あ、この男性、素敵だな。でもこういう人は私のこと好きじゃないんだよな」みたいに男性のことを考えるのはもちろん、他の女性を見て「この女の子すごい可愛いけど、なんか男にすごく媚びてる」なんてことをぐるぐる考えてしまうんだそうです。結婚するとそういう緊張とかライバル意識とか自分をよく見せようと無理したりするのがなくなってすごく楽になれるそうです。

二つ目は、これもよく言われることですが、どちらかが病気やケガをしたときに、助け合うことができます。大人になるといつまでも親が自分の病気をみてくれるわけではありません。いくら親しい友人でも、病気やケガの面倒まではみてくれません。でも妻や夫がいれば、本当に親身になって面倒をみてくれます。病気やケガはもちろん、他にも何か困ったときに本当に頼れて助け合えるのは友人や親ではなくて夫や妻です。

三つ目は仕事や人間関係の悩みやグチを聞いてくれます。生きている以上、どうしても気が合わない人はいるし、人間関係のトラブルはあるし、職場で失敗はあるし、嫌な上司やつかえない部下はいます。同僚や友人と飲みながらそういう話もできますが、やっぱり言えない話ってあるし、いくら親しくても「あいつグチばっかり」ってなると友情関係にもヒビが入ります。でも夫や妻がいれば、親しいならではの「でもそれはあなたも悪いんじゃない?」という忠告もしてもらえますし、他人よりも受け入れやすいです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo 本当にその通り! 10ヶ月前 replyretweetfavorite

luckyandrich1 https://t.co/OfW3ig0Gq2 無理なので どうにもならない(>_<) 10ヶ月前 replyretweetfavorite

ugetsujiro 林さん、拝読しました。すごい。。そう素直に思えました。 読んでいて、「結婚てこんなに恐ろしい」の題で返歌を書きたくなりました。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

kagurazame_i |林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 渋谷のとあるバーのマスターが人生を語る。https://t.co/QsJJoP7f6l 10ヶ月前 replyretweetfavorite