投資信託で積み立てをするなら定番はコレ!

お金の面で安心できる将来をつくる方法を8回にわたってお届けしていく本連載。前回は、資産形成を行うために投資信託という金融商品を活用しましょう、というお話でした。今回は具体的に、投資信託をどう購入していくか、について教えていただきます。

半年分の生活費を貯めてからスタート

いきなり投資をスタートする前に、まずは「非常用資金」を確保することの重要性についても触れておきます(生活防衛資金ともいいます)。投資の前には必ず、会社の倒産やリストラ、病気、天災などといった不測の事態が起こったときのために、最低限のお金は用意しておいてください。

最低でも「生活費」の6カ月分程度、自営業の人は1年分くらいの金額を、銀行預金などの安全な口座に準備しておきましょう。

ただし、これはあくまでも目安です。属性(シングルか既婚か、共働きか片働きか、子どもの有無、賃貸か持ち家か、ローンの有無、イザというときに頼れる人がいるかどうか等)によって必要額は異なります。この機会に「1カ月いくらあれば生活できるのか」を含め、自分(結婚している人は我が家)のリスク耐久性について一度考えてみてください。

また、上記のお金だけでなく、たとえば「4年後に教育費として使う」など、数年先に用途が決まっているお金についても、別にしておくことをおすすめします。

低コストのインデックスファンドとバランス型

前回書いたように、低コストのインデックスファンドか、バランス型の投資信託を購入していきます。購入時の手数料がかからず、保有中にかかる運用管理費用(信託報酬)が低い、具体的な商品例をそれぞれご紹介しましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

お金に困らない人生を送るための マネープラン入門 (スマート新書)

竹川 美奈子,発行 ピースオブケイク 発売 泰文堂
泰文堂
2017-12-06

FROGGY

この連載について

初回を読む
お金に困らない人生を送るためのマネープラン入門

竹川美奈子

経済成長が止まり、年々税金は上がっていくのに、将来もらえる年金は今より減っていく時代に生きる私たち。親世代と同じような生活をしていたら、老後にお金が足りなくなってしまうのは目に見えています。では、どうしたらいいのでしょうか。お金の面で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sasanami77 #スマートニュース 12ヶ月前 replyretweetfavorite