車と教育費をスリム化しよう

お金の面で安心できる将来をつくる方法を8回にわたってお届けしていく本連載。第2回では「住宅」、第3回では「保険」について、無駄な支出を減らすためにどうしたらいいかをお伝えしてきました。この2つ以外に、人生で大きな支出といえば、車と教育費です。今回は車と教育費について考えていきましょう。

都市部の人は車を持たずにカーシェアリングを利用

車は、家、保険に次ぐ、大きな家計の支出項目です。車体自体の価格も高いのですが、さらに自動車税や自動車保険料がかかることも忘れてはなりません。たとえば、比較的安いとされている軽自動車でも、税金や保険料を加えると総取得費としては100万円近いお金が必要です。

そして、車は購入したあとも継続的にお金がかかります。たとえば、ガソリン代のほか、任意保険や12カ月点検、車検代、タイヤ代、それに自動車税などがかかってくるからです。加えて、持ち家でない場合は、駐車場代もかかります。 すべてを足すと、平均的な車でも、年間50~60万円くらいのお金が必要になります。つまり、月にならすと、4万円〜10万円ほどです。ですので、いかに車が便利とはいえ、それだけのお金をかける価値があるのかどうか考えてみたほうがよさそうです。

とくに都市部では電車・地下鉄やバスが発達しているので、車がなくても移動するのにさほど支障はありません。普段は公共交通機関を利用し、必要なときにカーシェアリングやレンタカーを利用すればこと足ります。車を多数の会員で共同利用するカーシェアリングは最初に入会金や登録手数料を払って、あとは利用した時間や距離などに応じて料金を支払うしくみです。

私が家も6年ほど前に車を手放して、カーシェアリングを利用するようにしましたが、年間50万円以上の節約になりました。これからは車に限らず、モノを「所有する」から「シェアする」「必要なときだけ利用する」という方向に向かいそうです。

一方、地方都市や郊外に住んでいる人にとっては、車は必需品です。ただ、生涯にかかる車のコストは相当なものです。維持費も含めると2000万円程度になります。ですから、購入時はコストパフォーマンスにこだわり、そして維持費をおさえる努力をしましょう。そして、車を購入するときにはローンを組まず、現金で支払いましょう。無駄な金利負担をおさえることができます。

学資保険に入ってはいけない!?

次に教育費です。教育費は子どもがどんなコースを進むかで、かかるお金は大きく違ってきます。下の図は平均的な教育費の目安を示したものです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

お金に困らない人生を送るための マネープラン入門 (スマート新書)

竹川 美奈子,発行 ピースオブケイク 発売 泰文堂
泰文堂
2017-12-06

FROGGY

この連載について

初回を読む
お金に困らない人生を送るためのマネープラン入門

竹川美奈子

経済成長が止まり、年々税金は上がっていくのに、将来もらえる年金は今より減っていく時代に生きる私たち。親世代と同じような生活をしていたら、老後にお金が足りなくなってしまうのは目に見えています。では、どうしたらいいのでしょうか。お金の面で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

justin999_ 僕も貯金したいから結婚式あげる前に同居始めました。結果、大正解でしたね 約1年前 replyretweetfavorite

fukuiretu 車もあるし、学資保険も入っちゃってるなー。車は生活必需品なので削れないし、学資保険もお世話になった叔母が保険会社に勤務してる関係で義理みたいなもんだからな。10K円くらいの一番安価なプランだけど。 https://t.co/9nvW9II47m 約1年前 replyretweetfavorite

monaken 学費はわかるけど地方で車が必要な時に一括払いを勧められても蓄えが全部飛んでしまうな…。1%前後の地銀ローンとか他に方法がないものだろうか? 約1年前 replyretweetfavorite

hazkkoi 時流に逆い車を購入しました。思いも寄らぬMotoringPleasureを受け取っています。根性で乗り続けます 約1年前 replyretweetfavorite