それでも僕は、外科医をやめない

2017年は素数の年。私たちは予測不可能な宇宙を生きている

雨月氏による年末年始のログ。病院に勤めるものとしては、盆も正月も関係ないのでしょうが、今年は雨月氏本人が身体を壊してしまったようです。病床の重い身体をいたわりながら、年頭の辞を述べます。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

慌ただしい年末が終わり、新しい2017年という聞きなれない年がやってきました。2017という数字は素数です。素数は「1とその数自体以外に約数を持たない整数」と定義されますが、「素数」を見ると、私の理系脳は「素数は無限に存在する」というユークリッドが背理法で証明した定理を思い出します。証明しなくても、数自体が無限に存在するのだから当たり前だという気もしますが、とかく科学というものは懐疑的な側面も持っているのです。

その一方で、私の文系脳は2017を見るにつけ、なんとなくとげとげとした、角ばったソリッドな、硬質なもののような気持ちになります。2017年はなんとも言えない、割り切れない硬質な年になるのかもしれません。

さて、この年末年始は色んなことがありました。私は風邪をひき実家にも帰らずずっと病床に臥せっておりまして、体はしんどかったのですが暇だったのでネットにテレビにとずっと受動的な情報収集(という名のただの流し見)をしておりました。

国民的アイドルのSMAPは解散した12/31、知人が教えてくれたのですが六本木で打ち上げ焼き肉パーティーをしていたそうです(ネットニュースにも出ています)。紅白歌合戦も視聴率を回復させるためのしかけがずいぶん増え、60歳代以降しか全盛期を知らないような歌手は単体で出さないようにしたようですね。タモリとマツコ・デラックスの謎の登場もありました。あれほど栄華を誇ったSMAPも紅白も、もはや過去のものとなろうとして居るのですね。まったく、栄枯盛衰、諸行無常を感じるところです。

いったい今年はどんな年になるのでしょうか。そう考えたときに真っ先に考えるのは、去年一年のこと。

前回記事では一年間のニュースをまとめました。しかし、去年の年末には、こんなことになると誰が予想していたでしょうか?

つまりは、清原が覚せい剤で逮捕され、大地震が熊本で起き、ノーベル賞を「ふつうの隣のおじさん」が取り、アメリカ大統領選に相当スケベなおじさんが当選し、大火事が起こる、という予想です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo 覚悟と粘り。私も同意見です。2017年は先生のコラムをのんびりと待ちます。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

maneki_nekonyan 新年早々、風邪とは…🤒 もう回復してるのかな? お大事に😷 未来は予測不可能。評論家はアテにならない。 昨年のEU脱退や🃏誕生で実感。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

tipi012011 隔週は残念ですが、お身体を大切に。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

Dickey244 隔週連載とな!寂しいですが連載が続くのは嬉しいです! 8ヶ月前 replyretweetfavorite