結婚式にはミスチルの曲をかけたい

夜の街で働いている百鳥ユウカさん(34)の元にやって来た招かざる客がやって来た。彼はユウカを結婚させるべく依頼を受けた幕田という男だった。

ユウカはOL時代、自分は同期の中で誰よりはやく結婚という幸せの形を手に入れて寿退社をすると思っていた。

それはただの夢じゃなかった。

だって、20代の頃には、ちゃんと相手もいたし、3回も結婚式場を予約していたのだから。これまで何回両親への手紙を書き、プロフィールムービーの写真と音楽の構成を考えただろう。

女の子が写真を沢山撮りたがるのは、日常の記録としてというより他人に見せるためだ。旅行にいった、印象的な瞬間を好きな人と過ごした、それだけでも写真を撮る価値がある。結婚式の時に友達に見せられるように撮っておいて損はない。

音楽は、全曲好きなアーティストで行きたいところだけど、そういう縛りってゲストからするとちょっとイタイんだよね。だから、とっておきの場所(たぶん両親への花束贈呈の時)で一曲だけ、あるアーティストの曲を流そうと心に決めていた。

「ミスチル」

ミスチルの曲を聴くと、今でもユウカの心はきゅんとなる。

ユウカはMr.Childrenのことを国民的アーティストだと思っていたが、この感覚は20代の初めの頃にミスチルに当てられた人間しか共感できないと思う。

他のバンドにはない特別感が彼らにはあると思っていたが、それが何に起因するかユウカにはわからなかった。

まだLINEもSNSもない時代、好きな相手に会えない寂しさは歌で紛らすしかなかったあの時代。ユウカは幾度の夜をミスチルと越えただろう。

ミスチルに感謝を込めて、結婚式の花束贈呈の時、使わしてもらおう。

*****************************************

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味らしいが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさんを見ていた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moge_plum (・∀・)ヘー 5ヶ月前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 菅沙絵@sae20160325 https://t.co/teUh5mzwYT 幸せってつまり何なのよ 結婚であったり 恋が女の全てじゃないにしても 心にポッカリ空いたまんまの穴を何が埋めてくれるの https://t.co/jpdXpOOaw8 5ヶ月前 replyretweetfavorite