日本から暴力表現をなくす会』ドス川チャカ子に言わせれば、野球はPC的に問題だらけな件

ポリティカル・コレクトネス的にはOKですよね。ええ、そうです。政治的・社会的に公平・中立で、なおかつ差別・偏見が含まれていない言葉や用語を用いること。そうです。おわかりの通りです。という議会に、ニケ助手が単身で乗り込みました。

古見宇こみう博士
23歳男性。生後一週間でマクローリン展開をする。四歳でハーヴァードに入学。六歳で数学の博士号を取る。二十歳で万物理論を完成させたのち、「コミュニケーション」の発明を行う古見宇発明研究所を設立する。

ニケ
32歳女性、千葉県出身。古見宇研究所助手。好きなものは竹輪とGINZA。嫌いなものはセリーヌ・ディオン。「宇宙の解」を知って絶望していた博士に「コミュニケーション」という難題を与え、結果的に古見宇研究所の設立に繋げる。



「全員そろったようなので、これより第102回、日本ポリティカル・コレクトネス委員会の総会を始めます」

 私が着席すると、司会の鳳凰院平等堂さんが言った。

「そういえば、いつも参加している古見宇博士がいませんが……」

「古見宇博士には『SNSをまろやかにする』発明を依頼していたんだけどな」

 全日本まろやか協会の麻呂会長が博士を探すように首を回した。

「あ……あの……一応、代理の者です」

 私はおそるおそる手を挙げて言った。

「古見字発明研究所で博士の助手を務めているニケです。今日、博士は別の学会で海外へ行っているため、代理で出席しました」

「そういうことですか。承知しました」

 鳳凰院さんが頷いた。
 博士に「総会に代理で出席して欲しい」と頼まれてから、私のような凡人が出席していいのかずっと不安だったけれど、出席者の方々は特に何も言ってこなかったので、少しだけ気分が楽になった。

「あと、博士から伝言を頼まれているのですが、今大丈夫ですか?」

「どうぞ」と鳳凰さん。

「『僕の発明によってSNSはまろやかになったと思われるので、ご安心ください』とのことです」

「なるほど。それなら安心ですね。では会議を始めましょう。えー、本日の議題は『野球』、すなわち『ベースボール』です」

 鳳凰院さんが続けた。

「まずは、今回の議題を提案した『日本から暴力表現をなくす会』のドス川チャカ子さん、よろしくお願いします」

 大きな会議室の、コの字型に並んだテーブルの角に座っていた女性が立ち上がった。

「ご紹介に預かりましたドス川です。本日の議題の提案に至った経緯としては、私の8歳になった長男のハジキが『野球をやりたい』と言ったことがきっかけです。それまでまったくくわしくなかったのですが、息子が習うスポーツとして正しいのか、野球ついて少し調べてみました」

「そういう経緯だったんですね」

「はい。それで、えー、まず結論から言いますと、野球はポリティカル・コレクトネス的に言えば問題だらけです。私は息子や他の子どもが安心して習えるよう、いくつかの表現を直す必要があると思い、議題を提案しました」

「ドス川さん、ありがとうございます。それでは、具体的に野球のどの点が問題なのか、ご指摘ください」

「まず、そもそも論になりますが、『ベースボール』という名前です。言うまでもなく『ベース』には『基地』という意味があり、これは戦争を想起させるものです。ですので、私は『ベースボール』を新たに『モラルボール』と改名し、スポーツにおけるポリティカル・コレクトネスの旗頭にしたいのです」

 ドス川さんがそう発言すると、大きな拍手が鳴り響いた。

「素晴らしい!」「先進的な考えだ!」「目の付け所が違う!」などという声が会場中から聞こえた。
 私は無難に、他の人と一緒に拍手をすることにした。

「私が野球に注目したのは、それだけではありません—」ドス川さんが拍手を制した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SF新世代の俊英が、圧倒的リアルさで抉り出した6つの物語

この連載について

初回を読む
古見宇博士の珍奇な発明

小川哲

二十歳で「宇宙の解」を知って生きる気力を失った大天才、古見宇(こみう)博士。そんな彼が絶望の果に見出した謎は「人間関係」でした。まだ誰も光を当てていない種類の「コミュニケーション」に関する発明品を作ることに生きがいを見出し、古見宇発明...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ryu_soul 「ドス川チャカ子」ってキャラクター名の豪腕っぷりに笑って、内容文にさらに笑った。作家ってすげー。→→→ 4ヶ月前 replyretweetfavorite

hitomi_nekosan 爆笑。なんかこういうコントとかたまにあるよね。 4ヶ月前 replyretweetfavorite