いびつな個性と戦って生まれてきたものが、結果、美しいものになる

いまや新世代のカリスマ的な存在ともいえる米津玄師(よねづけんし)。2016年は、ツアーにコラボレーション、新譜のリリースなど多彩な活躍を見せました。今年1年を振り返り、米津さんのいまをじっくりと伺ったインタビュー。中編は、自らの個性といかにして向かい合って作品をつくってきたかを語っていただきます。


米津玄師 2016 TOUR / はうる(写真:中野敬久)

中田ヤスタカとのコラボレーション

— 2016年には映画『何者』の主題歌「NANIMONO」で中田ヤスタカさんとのコラボレーションもありました。あの曲は作詞とボーカルを担当したわけですが、ああいう風に自分の言葉と声を他のプロデューサーにあずけるということも初めてだったと思います。最初に話があった時にどう感じました?

米津 やらない選択肢はなかったですね。それまでの自分がやらないことをやっていこうっていうモードだったんで。自分が曲を作れないことに関してはちょっとした不安もありましたけど、それをやることで、自分の中に今までなかったものが新たに入ってくると思った。実際、おもしろい経験でしたね。自分だったら絶対に作らないタイプの曲だった。

— 最終工程は完全に中田ヤスタカさんに委ねることになったんですよね。

米津 そうですね。まあ、正直、しこりがなかったかって言ったらあったんです。「自分が曲を作ったらこうしてた」という思いもあった。

— なるほど。

米津 結果としていい曲になったとは思います。

— ちなみに、以前「自分の真意はどうあっても誤解されるものだ」と言っていましたよね。人とコミュニケーションをとるのは苦手だ、と。意識的に他者と会って話すようになった一年を経て、そこはどう変わりましたか?

米津 自分の言ってることはどうあろうと誤解されると考えているのは、当時から変わっていないです。基本的に、人間は相互に理解不能なことをただしゃべっているだけの生き物だと思っているんですよ。なんとなくお互いにわかりあっているふりをしながら生きてるだけであって、基本的に理解は不可能である。それは人と話せば話すほど思いますね。

— そこは変わっていない。

米津 なかなか言語化するのは難しいんですけれど、人間の使う言葉の中には、ある種のスポットがあると思うんです。そのスポットの中に点在している言葉を拾って、相手に投げ掛けることによって「ああ、わかった」と言ってもらえる。
 スポットの中にある言葉を使えば相手を騙せるというか、何かが伝わった感じがする。それを使うのか使わないのか、自分の中での線引きがうまくなってる気はします。

戦って生まれてきたものが、結果美しいものになる

— 今年の12月には初の単行本『かいじゅうずかん』を発売しました。かつて雑誌に連載していたイラストをまとめて本にしようと思ったのはなぜでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
米津玄師、心論。

米津玄師

かつては、ハチとしてニコニコ動画でボーカロイド楽曲を発表し続け、総再生数2500万PVを記録。2012年、本名・米津玄師としてデビュー以降も快進撃を続け、3rdアルバム『Bremen』が、オリコンチャート1位を記録し、日本レコード大賞...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shiba710 「個性ってのは、与えられたものでしかない。そういう形で生まれてきたんだからしょうがない。でも、そういう自意識を抱えながら、軋轢の中で生きていかなきゃいけない」/(第二回・ 5ヶ月前 replyretweetfavorite

reissuerecords 米津玄師「cakes」インタビュー第二弾 5ヶ月前 replyretweetfavorite

knc_k2 https://t.co/aggINVXIWO 5ヶ月前 replyretweetfavorite

y8_nrkm https://t.co/gQXROdPpr1 5ヶ月前 replyretweetfavorite