身体の形が変わって、精神的なところも変わってきた

いまや新世代のカリスマ的な存在ともいえる米津玄師(よねづけんし)。2016年は、全国を巡るライブツアーを、年初と年末で敢行。7月には、ルーヴル美術館特別展とコラボして、イメージソング「ナンバーナイン」をリリース。9月末には、「LOSER」を併せて5枚目のシングルをリリース。中田ヤスタカさんと「NANIMONO」をリリースし、12月には、絵本『かいじゅうずかん』を出しました。2016年を振り返り、米津さんのいまをじっくりと伺いました。全3回、連日更新でお届けします。

ダンスのレッスンは精神的な特訓だった

— 米津玄師さんは2016年もさまざまな新しい試みを行ってきましたよね。
 そんな中で、1年のハイライトはなんだったと思いますか?

米津 ハイライトは、やっぱりダンスですね。

— 「LOSER」のMVで披露した独特のダンスは、もはや肉体表現と言っていいものだと思います。その初挑戦が最も大きかった。

米津 そうですね。今までやってきたことと全然違った。あれが一番大きかった出来事だと思います。

— 今年は年初と年末に2度の全国ツアーがありました。先日のツアー「はうる」のライブを拝見したんですが、パフォーマンスにもその経験が生きていると思いました。踊りながら歌う身のこなしが、目を奪われるようなものになっていた。ステージに立つ時の感触も変わった実感はありますか?


米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊(写真:太田好治)


米津玄師 2016 TOUR / はうる(写真:中野敬久)

米津 そうですね。今年の夏にダンスのレッスンをしたんですけど、それに伴って筋トレ的なこともしたんですよ。そうしたら身体の形が変わってきた。筋肉も付いて、それに伴って精神的なところも変わってきたんです。単純に、すごくごはんがおいしくなった。

— ははは、なるほど。

米津 運動した後に食う白米っておいしいんだなって、25にして初めて気付いた。そういうこともあって、すがすがしい気持ちになることが増えましたね。

— ダンスの振り付けとレッスンは、コンテンポラリーダンスの第一人者である辻本知彦さんが担当したんですよね。辻本さんとは、どういう出会いだったんでしょうか。

米津 最初はMVの監督と話していて「ダンスを踊りましょう」という話になったんです。だとしたら当然それをレクチャーしてくれる人がいた方がいい。なので、こちらからコンタクトをとりました。

— 米津さん自身、以前に「高校生の頃からダンスをやりたいと思ったことはあった」と言ってましたよね。でも本格的にやるのは初めてだし、そもそも運動もしてなかった。

米津 はい。テニス部にいた中学生のころが最後です。

— おそらくボカロを使って音楽を作ったり、イラストを描いてきたような人間は、ほとんどが運動をしてこなかったタイプだと思います。

米津 そうですよね。

— でも、結果的に、辻本さんは「万人に一人の芸術性を持つ」と感嘆されていました。その道のプロである辻本さんがそういうコメントをするのも滅多にないことだと思います。

米津 あの人はすごく辛辣なんですよ。素直な人だし、愛想を言わないし。でも、そういう人だからこそ、これだけ買ってもらえてるのは嘘じゃないだろうと思います。ダンスに関して自分に何があるのか、まだ自分では判断しきれてないですけど。

— 米津さんにとっても間違いなく新しい扉が開いたわけですよね。始めてからどれくらいの期間であのレベルまで行ったんでしょうか。

米津 2週間ですね。

— 2週間!

米津 以前にインタビューで「1ヵ月くらい」と言ってたら、辻本さんに「1ヶ月もやってない、ちゃんと言え」って怒られたんですよ。だから正確に言うと2週間です。

— どういうレッスンがあったんでしょうか。

米津 最初はもっとカッチリした振り付けがあったんです。キメもあったし、いわゆるダンス然としていた。でも、あまりに時間がなかったので、その方向性はやめて、俺の資質をできるかぎり伸ばしていくという方向性にシフトした。それで結果としてああいう感じになったんです。思い返すと、肉体的なものより、精神的なものが大きかったかもしれません。

— 精神的なもの、ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
米津玄師、心論。

米津玄師

かつては、ハチとしてニコニコ動画でボーカロイド楽曲を発表し続け、総再生数2500万PVを記録。2012年、本名・米津玄師としてデビュー以降も快進撃を続け、3rdアルバム『Bremen』が、オリコンチャート1位を記録し、日本レコード大賞...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mircea_morning いいインタビューだった 11ヶ月前 replyretweetfavorite

shiba710 cakesにて米津玄師インタビュー担当しました。全3回です。/「彼の遺伝子みたいなものは身体に入ってきていると思います」(第1回・ 12ヶ月前 replyretweetfavorite

no9manga 米津玄師さんが2016年の振り返りの中でルーヴルNo.9のことについて触れていただいております。ぜひご覧ください。#ルーヴル9 #米津玄師 https://t.co/7ATZ2vLaSD 12ヶ月前 replyretweetfavorite

_gadolf ぐおお米津玄師が健康になっていく。ヘルシー米津。 12ヶ月前 replyretweetfavorite