心のベストテン

ボクらはSMAPを失うことで何を失うことになるのか

今回は、SMAP解散について。喪失感を感じるお二人ですが、SMAP解散がなにをもたらすのか、と柴さんは問いかけます。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの熱い対談をお楽しみください。

僕らはSMAPを失うことで何を失うのか

柴那典(以下、柴) 今回はこの話からしましょう。SMAPが年内一杯で解散します。『SMAP×SMAP』の最終回が、5人がそろった最後の姿になると言われている。

大谷ノブ彦(以下、大谷) いやあ、まいっちゃうなあ。本当につらいですよね。SMAPのいない2017年なんて来てほしくない。

 喪失感ありますよ。

大谷 柴さん、最初から言ってましたよね。SMAPは平成の象徴だったって。

 今年の1月にそういう話をしましたね。その時は不謹慎だと思ってカットしたんですけど「ひょっとしてSMAPが終わったら平成も終わっちゃうかもしれない」って。
“あのころの未来”に立っている、ぼくらのSMAPの喪失

大谷 その時は解散するとは考えてなかったよね。

 しかも天皇の生前退位の話もなかった。だから8月に天皇の「お気持ち」の表明とSMAPの解散報道が立て続けにあった時には、正直、ちょっとゾッとしました。

大谷 昭和から平成に変わった1989年も、手塚治虫さんや美空ひばりさんや松田優作さんが相次いで亡くなって、僕らより上の世代がすごく悲しんでたじゃないですか。「ああ、こんな気持ちだったのかな」って思いましたよ。

 もちろん5人がいなくなるわけじゃないんですけどね。でも、考えたんです。僕らはSMAPを失うことで何を失うんだろう?って。

大谷 なになに? どういうこと?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

umikuga 魚拓 https://t.co/JbKgOTf3UA 5ヶ月前 replyretweetfavorite

19720818s https://t.co/UOPv7OxC0y 5ヶ月前 replyretweetfavorite

momo_0327 「いやあ、まいっちゃうなあ。本当につらいですよね。SMAPのいない2017年なんて来てほしくない。」 ああ、本当にこんな感じ。 https://t.co/xBBlX5i3rG 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Singulith >「僕はSMAPと『ONE PIECE』が平成を代表する国民的なエンタテインメントだと思っているんですけど、どちらにも共通するのがフラットな「仲間」という結びつきがあることなんですよ」  https://t.co/HQiuqB85ei 5ヶ月前 replyretweetfavorite