第14回 あるSMクラブでの惨劇【愛と変態の冒険と展望】

みなさん、SかMかと聞かれたら、自分はどっちだと思いますか? AV監督の二村ヒトシさんが恋愛とセックスを科学する同連載。今回のテーマは、「SM」について。二村さんが出会った女王様と教授の刺激的な関係に、愛と性の奥の深さを痛感するはずです。

ある女王様のところにM男として、お客としてやって来たのは、その女王様が文学を学んでいた大学の教授でした。偶然の再会でした。

女王様は教授をハイヒールのブーツで蹴とばして「おまえの授業は退屈だったよ」とののしり、ロープを天井にかけて教授を足首から宙に吊るして、一本鞭で打ちのめしながら「まだ、あの退屈な授業をやっているのかい?」と問いただしましたところ、教授は腹や背中にみみず腫れを作り、天地が逆しまの状態のままビンッビンに勃起していたということです。

女王様は小柄で色白で黒髪の美人。教授の方は恰幅が良く、いかめしい顔、著書も何冊もある知性豊かな立派な男です。

なぜ僕がそんな話を知っているのかというと、教授はもともと僕の友人であり、これまた偶然なのですが女王様の方は僕がよく行くSMバーでもアルバイトをしていたことがあるので、教授と僕が友人だということを知っていた女王様がプレイの最中に「おまえがこんな、とんだマゾ野郎だなんて、学生時代はちっとも知らなかったよ。二村監督も、おまえがマゾ野郎だとは知らないだろうと思うからメールしてもいい?」と訊いたところ教授は勃起したまま激しくウンウンとうなづいたのでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MiUKi_None マゾとエゴマゾ…。>第14回 あるSMクラブでの惨劇【愛と変態の冒険と展望 ②】|二村ヒトシ| 5年以上前 replyretweetfavorite

Hotakasugi 教授は宙吊りなうw - 第14回 あるSMクラブでの惨劇【愛と変態の冒険と展望 ②】|二村ヒトシ| 5年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki 二村ヒトシさん @nimurahitoshi の連載も更新です!大学教授と教え子が…というお話。/第14回 あるSMクラブでの惨劇【愛と変態の冒険と展望 ②】|二村ヒトシ| 5年以上前 replyretweetfavorite