わたしって必要ですか?—『ニッポンのジレンマ』出演のジレンマ〈前編〉

侃々諤々(かんかんがくがく)。大人たちがずらりと並んで討論している番組を見たことがありますか。あの場に自分が立ってみるとしたら……。なんと〈臆病な詩人〉の文月悠光さんが、そんな番組の元旦スペシャルに招かれてしまいました。ふづきさん、逃げて〜! いや、がんばって!

 年の瀬も迫る12月頭、私はひどく気が重かった。あるテレビ番組に思いがけず出演することになったからだ。

 NHK・Eテレ「ニッポンジレンマ」の元日スペシャル。若手の論客が集い、今年の国際問題、政治、経済、文化を振り返る150分の討論番組だ。元日の夜に放送ということもあり、毎年Twitterのトレンド入りを果たす、注目度の高い番組である。

 なぜ自分が? 「詩人」というふわふわした肩書きを持つ私は、討論番組に出るのも初めて。論客としてテレビに映る覚悟など持てない。収録日が近づくにつれ、不安と緊張、「こんな自分で大丈夫なのか」という焦りが押し寄せる。大げさではなく、死刑宣告されたような心地だった。

 これからの「ニッポン」を語るときに、政治や社会問題にくわしい研究者はともかく、「詩人」は必要だろうか? 慣れないテレビ出演を前に、私は自分自身の役割を問われていた。

まるで別世界の心臓に悪い番組へ

「ニッポンのジレンマ」という番組自体は、以前から知っていた。2016年頭に放送された元日スペシャルも、私はたまたま実家のテレビで観ていた。
「お正月からご苦労さまだなー」。論客たちの丁々発止のやり取りを「この人の考え方好きだな」「言い方きつくない?」とソファでだらだら、自由気ままに鑑賞した。論客の意見が決裂する様を見て「心臓に悪い番組だな……」とも思った。テレビに顔を出してまで、社会に訴えたいことなど自分にはない。番組にかかわる人を「別世界の人たち」と捉えていた。

 そもそも11月に入った時点で、私は少々燃え尽きていた。今年はエッセイ集と詩集、2冊の新刊を出し、「やり切った! 思い残すことはない!」と早くも一年を締めくくろうとしていたのだ。そんな中「ニッポンのジレンマ」元日スペシャルの出演依頼のメールが届き、血の気が引いた。あの心臓に悪い番組じゃないか。元日から晒し者になるなんて、なんの罰だろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
臆病な詩人、街へ出る。

文月悠光

〈16歳で現代詩手帖賞を受賞〉〈高校3年で中原中也賞最年少受賞〉〈丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞〉。かつて早熟の天才と騒がれた詩人・文月悠光さん。あの華やかな栄冠の日々から、早8年の月日が過ぎました。東京の大学に進学したものの、就職活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

luna_yumi 出演記エッセイ【前編】はこちらです🌠 番組ディレクターK氏との打ち合わせの様子、出演への戸惑い、石原吉郎の詩「位置」について書きました💫 #ジレンマ2017 ▶︎ https://t.co/nelyMHBGEI 5ヶ月前 replyretweetfavorite

neko_tubuyaki "戦後70年を経て、個々人が「いま・ここ」を見失いかけている現在、詩の言葉はきっと道しるべになるはずだ" 6ヶ月前 replyretweetfavorite

jin_tategami 戦後70年を経て、個々人が「いま・ここ」を見失いかけている現在、詩の言葉はきっと道しるべになるはずだ… 6ヶ月前 replyretweetfavorite

moritomoya すごく必要だったと思う。言語化されなかったものの余韻があることに思いをする時間だった。> 6ヶ月前 replyretweetfavorite