急拡大するライブ市場、その人気を読み解く

パッケージ売り上げに代わって、ライブが今の音楽産業の中心的な収益へと移行しつつあります。なぜこうした変化が生まれたのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

ライブビジネスが音楽産業の中心になった

前章ではテレビの音楽番組がいかにフェスの潮流を取り入れ進化したかについて書いた。
 その背景にあったのは「現場」というキーワードだ。

 音楽業界の構造が変わり、「CDよりもライブで稼ぐ時代」というのは今や前提条件となっている。
 音楽ソフトの売り上げは低下する一方で、フェスやライブやコンサートの動員数は右肩上がりで増え続けている。音楽に対する興味は決して失われてはいない。人々は熱心にライブの現場に足を運ぶようになっている。実際、音楽ソフト市場の縮小とライブエンタテインメント市場の拡大は対照的な推移を辿っている。

 2000年から調査を行ってきたぴあ総研『2016ライブ・エンタテインメント白書』によると、2015年の音楽コンサートの市場は3405億円となり、4年連続で過去最高記録を更新し続けている。音楽フェスの市場規模は222億円、動員数は234万人と、こちらも拡大を続けている。

 一方、同じ2000年の音楽ソフトの生産金額は約5398億円だ。それが、15年後の2015年時点では半分以下の約2544億円となっている。

 パッケージ売り上げに代わって、ライブが今の音楽産業の中心的な収益へと移行しつつあるのは間違いないだろう。

 では、その変化はどのようにして生まれ、ポピュラー音楽のあり方に何をもたらしているのだろうか? この章ではそのことについて掘り下げていきたい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PPAP、恋ダンス…ヒットの共通項とは?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

snoopy3407 https://t.co/Hk2B4Yrc9K ライブハウス行こうぜ🤣 1年以上前 replyretweetfavorite

Singulith ビデオゲームやVRはこの魅力を取り込めているだろうか。  >「「聴く」から「参加する」」  https://t.co/NBZsdu5nBm 1年以上前 replyretweetfavorite

enter_ment |ヒットの崩壊|柴那典|cakes(ケイクス) https://t.co/wMn1QgiiZv 1年以上前 replyretweetfavorite

kiq “ULTRA JAPAN」などのEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)系のフェスやイベント”こーゆーイベントは #撮可 で客は自撮りしまくって楽しんでるよね。今年は邦楽ロックフェスもいい加減に 1年以上前 replyretweetfavorite