テレビは新たなスターを生み出せるか

かつてオーディション番組から次々とスターが生まれていましたが、『ASAYAN』終了を期にどうにも苦戦しているようです。しかし、海外では──。
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

『ASAYAN』以降の空白

 では、今の時代に、テレビは次世代のアーティストを世に送り出すことはできているのだろうか?

 正直、現段階では、上手くいっているとは言い難い。少なくとも日本においては、かつての歌謡曲の時代、90年代のメガヒットの時代に比べると、苦戦している。

 かつて70年代から80年代にかけてはオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)が、文字通り新たなスターを生み出す役割を担ってきた。番組からのデビュー第一弾は「せんせい」でデビューした森昌子。その後も、山口百恵、ピンク・レディー、小泉今日子、中森明菜など、歌謡曲の時代を支える錚々たる歌手を輩出してきた。

 90年代から00年代初頭にかけては『ASAYAN』(テレビ東京系)が一時代を築き上げた。「夢のオーディションバラエティー」として、小室哲哉やつんく♂などのプロデュースによってデビューできる権利を争う番組だ。

 中でも大きな成果を残したのが1998年にデビューしたモーニング娘。だった。同番組の「シャ乱Q女性ロックヴォーカリストオーディション」の最終選考で落選した5人から結成されたモーニング娘。は、そこからの復活やデビューまでの過程を番組が追うことでブレイクを果たし、国民的なアイドルグループとしての地位を獲得していく。

 2002年の番組終了後もグループは続いた。さらにはBerryz工房や℃-uteなど多数の女性アイドルグループを抱える「ハロー!プロジェクト」へと発展し、AKB48や関連グループと共に10年代の女性アイドルシーンの核の一つとなっている。

 また、EXILEのボーカリストとして活躍するATSUSHIが見出されたのも、この番組で行われた松尾潔プロデュースの「男性ヴォーカリストオーディション」がきっかけだ。
 つまり、『ASAYAN』という番組は、ただ単に歌手やグループを輩出しただけでなく、ハロー!プロジェクトやEXILE TRIBEのように「卒業や加入で代替わりする多人数グループを中核に複数のグループが集いファミリーを形成する」というフォーマットを生み出す一つの契機を作り上げたと言える。

 これほどの影響力を持ったオーディション番組は、2002年の『ASAYAN』終了後は、日本では生まれていない。

 もちろん、今の時代も様々な形でスターを生み出す試みは続けられている。その成功例の一つが、2015年にスタートした『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)だろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

世界規模のヒットはどのように生まれているのか?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k_sato_oo 「人々の興味が細分化し、それぞれの価値観が「島宇宙化」した10年代の情報環境においても、海外ではグローバルなレベルで人口に膾炙するモンスターヒット、世界的な大スターが生まれている」 1年以上前 replyretweetfavorite

consaba 『ASAYAN』以降の空白  #ss954 1年以上前 replyretweetfavorite