けんちゃん、男の美学「プ、プリンを、作ってるときに、こ、こっそり泣くのさ」

“夫のちんぽが入らない”衝撃の実話――交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴ったこだまさんの“愛と堕落”の半生。その書籍化を記念して、その外伝がcakesで特別連載です。
子供の頃から憧れていた教職に就くも、精神を病み離職したこだまさん。引きこもりを経て、最終的に辿り着いたのはとある障害者施設の職員でした。そこに入所する少年けんちゃんと心を通わせるうち、彼の独創的な世界観に心を奪われるようになります。そんな、けんちゃんと過ごしたかけがえのない日々を綴ります。

「さ、寒いと、か、悲しくなるんだ」

 そう言って、けんちゃんは長いあいだ廊下に座り込んでいた。

「おしりが冷えるよ、部屋に戻ろう」と何度も促したが、けんちゃんの意思は固い。
 言葉は不自由だけれど、聴覚や嗅覚、周囲の些細な変化に異常なほど敏感だ。彼には動物的な勘のようなものが備わっている。もしかしたら熊やヤマネが冬眠する理由も「悲しいから」なのかもしれない。

 けんちゃんはもうすぐ施設を出て行く。数週間の実習を終え、お菓子工場で働くことが決まったのだ。

「い、一緒に、じ、実習に行った、こ、小林君は、お、お母さんと、は、離れるのが、さ、さみしくって、ご、ご飯の時間に、ま、毎日、な、泣いていたよ」

「けんちゃんは泣かなかったの?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

“夫のちんぽが入らない”衝撃の実話――交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴ったこだまさんの“愛と堕落”の半生。

この連載について

初回を読む
夫のちんぽ外伝『けんちゃんのいる世界』

こだま

“夫のちんぽが入らない”衝撃の実話――交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴ったこだまさんの“愛と堕落”の半生。その書籍化を記念して、その外伝がcakesで特別連載です。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eshi_ko @amaicola 覚えていてくださりありがとうございます!「ヤマザキ」はブログ内の非公開記事として残してあり(今度探します)、「 12ヶ月前 replyretweetfavorite

cordless_doiya "「大人はプリンを作っているときにこっそり泣く」" 約3年前 replyretweetfavorite

sugar57527 この部分は学部として気になるやつ「子供の頃から憧れていた教職に就くも、精神を病み離職したこだまさん。引きこもりを経て、最終的に辿り着いたのはとある障害者施設の職員でした。」https://t.co/eZb3fGp36K 約3年前 replyretweetfavorite

izumi_cat ついに最終回を迎えてしまった『けんちゃんのいる世界』。最終回もグッときた。 >『ぼ、ぼかぁ、こ、工場で、プ、プリンを、つ、作ってるときに、こ、こっそり泣くのさ」 https://t.co/pSrNu72fQ0 無料配信は数日?なので、お早めのご一読をおすすめしまする・・・ 約3年前 replyretweetfavorite