それでも僕は、外科医をやめない

生き抜くために振り返りたい、雨月の目が見た今年の10大ニュース

いよいよ、今年も大詰めになりました。2016年、泣いても笑ってもあと2日。今年を振り返って雨月氏が自ら選んだテーマは「生き抜く!」ということ。2016年に起きた10のニュースを雨月氏のコメントとともに振り返り、生き抜く!ために何が必要かを考察します。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

いよいよ年の瀬になり、なんというわけではありませんが気持ちがそわそわと落ち着かなくなりますね。病院では年末だから特に忙しくなるということもなく、変わったことと言ったら年末年始の当番(もちろん無給です)をじゃんけんやあみだくじで決めるくらいのもの。病気には年末年始休暇はありませんから。年越しを病院で迎えるとか、元日の早朝に出勤するとか、医者の間では常識です。どんな仕事なんだか……。

さて、今回は2016年の締めくくりとして、今年あった大きな出来事を時系列で振り返りつつ、そこから得られる「生き抜くためのコメント」をお話ししましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo 昨年は先生の文が諸々考えるきっかけとなった。今年も先生の文を通じて考えていきたい。 2年弱前 replyretweetfavorite