パーソナライズ時代のテレビの役割とは

いまや「お茶の間」というイメージは解体され、音楽だけでなく、カルチャー全般に対する興味が細分化しています。そんな中で、テレビ番組の制作者の意識はどう変化してきたのでしょうか。
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

人気を測る尺度が複数になった

 こうして大型音楽特番の放送時間は拡大し、出演する歌手やアーティストも増えるようになった。2016年の『FNSうたの夏まつり』は全107組が出演、171曲を披露するという、かなり大掛かりな構成となった。

 出演陣の世代やジャンルも幅広い。AKB48やモーニング娘。、ももいろクローバーZなどの女性アイドルグループ、嵐やNEWS、Kis-my-Ft2などのジャニーズ勢、EXILEや三代目J Soul BrothersやE-girlsなどのLDH勢が出演し、一方で谷村新司や和田アキ子や夏木マリなどのベテラン勢も登場した。
 小室哲哉はTRFや華原朋美などかつてのファミリーと共に90年代のヒット曲を「TKメドレー」として披露した。水樹奈々のように数々のアニメ作品で声優として活躍するシンガーも出演し、いきものがかり、秦基博、スキマスイッチなど00年代以降のJ-POPを支えてきたアーティストも揃い、トリは桑田佳祐がつとめた。このラインナップは番組の総合演出をつとめる浜崎がいろんな尺度で決めているという。

 ただし、その尺度を持つのが難しくなっているのが、10年代のJ-POPの特徴だ。前章で書いたように、もはやオリコンチャートはかつてのような指標としては機能しなくなっている。ヒット曲が見えづらい時代に、どのようにしたらアイドルやアーティストの人気を測ることができるのか。
 『FNS歌謡祭』の総合演出を務める浜崎綾は「定規」という言葉でそれを説明する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「メディアの王様」ではなくなったテレビの勝ち方とは?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith >「今の時代は一人ひとりが持っている知識や興味がどんどん深くなっていて、日本人が全員オタク化しているようなところがある。でもそのぶん隣にあるものが見えづらく  〜そこに気付かせてあげるというのが、テレビというメディアの役割」  https://t.co/feyMdLP40J 2年弱前 replyretweetfavorite

natukusa かつて流行そのものを生み出していたテレビメディアが、今はあちこちに偏在する流行を拾い上げて他に披露するメディアになった、というのはよくわかる。インタビュー見る限りTVの中の人もわかってるんやな。 2年弱前 replyretweetfavorite

u5u 浜崎「日本人が全員オタク化しているようなところがある。でもそのぶん隣にあるものが見えづらくなっている。だからこそ、そこに気付かせてあげるというのが、テレビというメディアの役割かもしれません」/ 2年弱前 replyretweetfavorite

crescentmania SMAPが出てたら家族で会話成り立つけどね。 2年弱前 replyretweetfavorite