テレビが「お祭り」を作る理由

テレビの音楽番組はどれだけフェスを意識しているのでしょうか? 実は、そこには「お祭り」を作るという明確な意図があったようなのです。
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

「音楽のお祭り」を作る

 音楽番組の制作者側はフェスをどれだけ意識しているのか。なぜ『FNSうたの夏まつり』などの番組はフェスのムードを打ち出すようになったのか。

 「狙ったのが半分、結果的にそうなったのが半分かもしれないですね」

 『FNS歌謡祭』総合演出を務める浜崎綾は率直にそう語る。

 「私たちも、音楽番組の視聴率がなかなかとれなくなった00年代に、フェスの現場に人が集まっているのを感じていました。音楽の現場に足を運ぶエネルギーをたくさんの人が持っている。音楽への興味が失われているわけではない。なのにどうしてテレビの音楽番組の視聴率につながらないのだろうかと考えた。それはテレビがフェスにある高揚感やハプニング性を出せていないからじゃないかと思ったんですね。
 そこから、番組をフェスっぽくすればいいんじゃないかという戦略的な気付きがあった。そして、数字としての結果から実際にそういうものが求められていたんだということが検証された感じがあります」

 『FNSうたの夏まつり』と『FNS歌謡祭』が夏と冬の大型音楽番組として定番化し、2015年からは放送時間も拡大した。『FNS歌謡祭』は2週にわたる放送となり、『FNSうたの夏まつり』は、「海の日スペシャル」と題して7月18日の11時間の生放送となった。

 「単純に時間が足りなくなったんです。ゴールデン帯の19時から23時の間ではやりたいことが収まらなくなってきた。その4時間だけでは、お祭りというところまで持っていけないという感じがありました」

 テレビが「音楽のお祭り」を作る。それが明確な意図としてあった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

テレビは新たなスターを生み出せるか?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

co_jit 1件のコメント https://t.co/GS98J2MVfS 2年弱前 replyretweetfavorite

co_jit 1件のコメント https://t.co/GS98J2MVfS 2年弱前 replyretweetfavorite

enter_ment |ヒットの崩壊|柴那典|cakes(ケイクス) https://t.co/ICshKG7U5k 2年弱前 replyretweetfavorite