主治医が謎の死!そのとき、母は……

母子家庭に育った青磁と萌黄の二人の兄弟。怪我をした二人が訪れた病院で、医者が気がついてしまった妹・萌黄の特異体質とは? さかき漣の単著デビュー作『エクサスケールの少女』(徳間書店)の発売を記念して、その一部をcakesに特別掲載!

第一章 本当の名も知らない頃
—2

 兄妹が揃って九歳になる日。仕事から早めに帰宅したまゆみは、珍しく張り切って夕食をこしらえた。
 いつもとは比べ物にならない品数の多さで、皿がテーブルから零れそうなほどだ。しかも食後のケーキにと、まゆみ特製のアップル・クランブルがオーヴンの中で出番を待っている。酸味の強い林檎を主人公に、バターと香辛料をふんだんに使用した、英国では定番の焼き菓子で、これまでも特別な日にまゆみが手作りしてきたものだ。さらにはテーブルの真ん中に花まで飾ってある。高価な物は見えずとも、これまでにない豊かな食卓だった。
「もうすぐお客様がいらっしゃるから、二人ともお行儀よくするのよ」
 嬉しそうに子供らに言いつけるまゆみの唇には、久しく見たこともなかった紅さえ薄く引かれている。
 あの怪我から四年だ。まゆみは、東雲しののめから受けた説得の日々を思い出していた。
『何度も言いましたが……お母さん、僕のところに最初に運び込まれたのは幸運だったと思います。この特異体質は、人によっては好奇の目にさらされ、最悪の場合、良からぬことを考える輩に利用されてしまう可能性もあったでしょう』
『僕は昔から、不老遺伝子の研究をするのが夢でした。しかし、僕自身それほど優秀でもなかったし、何より派閥競争、出世競争が嫌いでしてね。だから僕は大学病院に残らず、こんな田舎に舞い戻り、祖父と父の残した病院を継いだんです。夢など諦めていたのに……まさかこんな幸運が僕に降ってくるとは思いもしませんでした』
『勿論、お母さんと青磁せいじ君、萌黄もえぎちゃんへの私的な助力も惜しみません。お母さんも幾度か話されていたとおり、女手ひとつで子供二人を育てあげるのは大変なことでしょう。もしご協力頂けるなら、僕は学費や生活費の少なくない部分を援助できることと思います。そして研究がうまくいけば、萌黄ちゃんが将来的に問題を抱えたとしても、この病態とうまく付き合っていく方法を発見できるかもしれないのです。僕としては、これが何より最善の道だと思っています』
 度重なる説得に、いつしかまゆみも強固だった心の扉も押し開けられた。そして、まゆみは、手紙を書いた。

 虫の音の響く候、月の光の下、この手紙をしたためます。
 これまでの私にとって、子供は何物にも代えがたい宝であると同時に、自身に課せられた大きな重荷でもありました。確かに、この子たちを授かったことを神様にどれほど感謝したか知れません。しかし一方で、私一人には抱えきれない事象が多すぎた。さらには、世間があくまで私に冷たかったことも事実です。
 ですから正直なところ、先生のお申し出はとても嬉しかったのです。先生にご協力いたします……いいえ、先生、私たち家族を、助けてください。どうか、お願い申し上げます。
 私は、母親です。青天の霹靂へきれきで身ごもり、十月十日とつきとうかの一心同体の日々を過ごし、心が折れそうになるのと何度も戦いながら、それでも双子を産みました。そして、青磁と萌黄が生まれた時、私の中で明確に何かが変わりました。言葉では言い表せませんが、それまで一度も抱いたことない感情が自身のうちに宿ったのです。
 お腹を痛めた母だからこそ、さらに強く思います。子供たちに人並み以上の衣食住の環境を用意し、遊びも勉強も十分にさせてあげたい。読みたい本があれば与え、絵が描きたいならばクレヨンも絵の具も画用紙も好きなだけ買ってあげたい。女手ひとつで頼る親類もないという理由によって、子供の持つ可能性を奪ってしまいたくないのです。
 彼ら、子供たちは本来、平等に、幸せになる権利を無限に有しているはずです。どの子供も、卵子と精子、遺伝子情報の段階では生物学的な“違い”はあっても“不公平”は無いはずです。しかし生まれ落ちる国や地域、人種、経済状況、家族構成などによって、幸福を掴める子もあれば、不幸のうちに人生を終えてしまう子もいる。
 理不尽な世界の在り方に憤りを感じていながら、それでも自分の子供の幸福を願ってしまう。私もまた、この世界同様に理不尽で利己的な存在なのでしょう。
 利己的な私から、もうひとつお願いがあります。先生、決して裏切らないでください。私はもう、十二分に傷ついてしまったから。
露草も茂る月、朔日
                   苅安まゆみ
東雲先生

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人工知能の行く末は、ユートピアか、それとも……?

この連載について

初回を読む
エクサスケールの少女

さかき漣

30年後にやってくる人工知能が人間を超える“シンギュラリティ"(技術的特異点)。その前段階としてこの10年以内に起こるのが「エクサスケールの衝撃」だ。スパコンの計算処理能力によって、医療・物理・宇宙工学などに革命を起こし、人間生活を大...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rensakaki2016 #エクサスケールの少女 の序章と第一章が試し読みできます。 #エクサ少女 #さかき漣 第一章 本当の名も知らない頃 ——2—— 『 1年以上前 replyretweetfavorite

rensakaki2016 #エクサ少女 の冒頭が、いちぶ読めます。 『』 さかき漣 | # 2年弱前 replyretweetfavorite

Xaborgar 第2章まで読み終えました> 3年以上前 replyretweetfavorite