季節を詰め込む超簡単レシピ「柿とレモンのクミンマリネ」

「ポルトガル食堂」年末スペシャルはいよいよ3日目。今回は付け合せにぴったりの「柿とレモンのクミンマリネ」を紹介します。柿というと、剥いて食べるか干し柿を食べるかが定番ですが、今回のレシピは柿をマリネします。材料を用意してただ混ぜるだけの超簡単レシピなので、ぜひ試してみてくださいね。よいクリスマスを!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

「ポルトガル食堂」年末スペシャルの第3回目は、「柿とレモンのクミンマリネ」です。

普段はそのままで食べることの多い柿ですが、サラダのような、箸休めのような、単体でもワインのあてになるような感じにしました。

秋から冬にかけて旬を迎える柿は、熟す度合いで甘さが全然違ってきますが、今回は、まだ歯触りのある固めの柿を使うのがおすすめです。皮ごとのレモンの薄切りと塩で軽くマリネするだけ。ものの数分でできますが、いつもの甘い柿と思って口に運ぶと結構違った印象だから面白い。和えてすぐなら柿のさくさくした食感が、時間をおくと、柿自体の水分が出てとろりとしてきます。寝かせ時間はお好みで。

柿の甘みとレモンの酸っぱさが同時に楽しめるので、豚スペアリブの煮込みはもちろん、ビネガーをきかせた「ポークソテー&ポテト」などのシンプルな肉料理とも、相性良しです。クミンシードがどうしても手に入らないという方は、粗びき黒こしょうをふっても。

Menu do dia (本日のメニュー)

「柿とレモンのクミンマリネ」

材料(2人分)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo 弱った胃腸にやさしそう(^^)あぁ、また行きたいなぁポルトガルに・・・。肉よし野菜よし魚よしのグルメ大国に・・・。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada 柿とレモンで甘酸っぱい箸休め。クミンシードの香ばしさがアクセントです。 https://t.co/ACevpdT17p 10ヶ月前 replyretweetfavorite