彼氏なら、私の大変さをわかってよ!一方的むっつり病【後編】

仕事でデートをドタキャンし、彼氏から嫌味を言われてしまった藍田さん。「なんで私の大変さをわかってくれないの?」と苛立ちを抑えきれない藍田さんを、ずんずん先生は「一方的むっつり病」だと診断します。人間関係をないがしろにしてしまうこの病を抜け出し、恋と仕事どちらもやり遂げるためにはどうしたらいいのか。そして、ふたりの恋の行方は……?


恋も仕事も一生懸命!

無理よ。
そんなこと無理よ。


仕事を頑張れば頑張るほど、恋愛の時間はとれないし、 恋愛を頑張れば、仕事はぐだぐだ……。

人間すべてのことを同じく100%でやり遂げるのは難しいことです。
重要なのは、何が大切なのかよく考えること。


仕事も恋愛もどちらも大切ということは分かります。

じゃあその限られた時間の中で、どんな風に過ごしていきたいのか、仕事ではどうなっていきたいのか、彼や彼女との関係をどうしていきたいのか、家族との関係をどう変化させていきたいのか。

すべてのことは一瞬のうちに過ぎていきます。

最高の瞬間も、最低な瞬間も、
あっと言う間に過ぎていくのなら、

その時その時何ができるのか、そしてそれをやることでどう変えていきたいのか、常に考えていかなければいけません。

仕事でも恋愛でも家族関係でも、必ずそこには相手がいます。
相手にも気持ちがあり、個性があります。

むっつりしていては何も始まりません。

分かりあうために、相手の個性を知り、話し方を知り、
そして自分の伝えたいことを伝えていきましょう

藍田さん「自分の伝えたいことを伝える……」

藍田さんは首をかしげました。

藍田さん「私のほうが忙しいんだから、黙って言うこと聞けってことですか?」

ずんずん先生「どこの亭主関白よ!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sanzi24 ・世の中には直接的な物言いをする人と間接的な物言いをする人がいる。 ・えんだーーー 20日前 replyretweetfavorite

solsol1207 突然の同棲 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

skbluegreen そうきたか(^_^;) 意外な展開だったけど、お幸せに~wwww 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

c_manami_001 ひぃ!藍田さんカッコイイ。惚れるわぁ。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite