クリスマスだ! ゲーム・オブ・スローンズ一気見しようぜ(前篇)

帰ってきた「あとのことは知らんよ」、今回はSFマガジンに掲載した「あとのことは知らんよ特別篇『ゲーム・オブ・スローンズ』」をお送りします。気絶するまでゲーム・オブ・スローンズを(江波さんが)見続けた熱い記録、ぜひお楽しみください。クリスマスですね、家に引きこもってドラマ一気見したら、すぐ終わりますよ。

■仕事の依頼は突然に

 6月の末、確か二十五日くらいに電話かかってきて「『ゲーム・オブ・スローンズ』お好きですか」って突然言われて「そのうち見ようかと思ってます」って答えたら「今すぐ全部見てレビュー書いてみませんか」って。シーズン6くらいまであるようなのを? 今月中に? って殺す気なのかなって思って確認したら「はい。送りますからよろしく」ってガチャーン電話切られて。届きましたよ箱に入ったのが。たくさん。1BOXが一万円弱とか書いてあったから腹いせに売り払ってレンタルで見ようかなと目論んだら「返却してください」って。そんな八方ふさがりのレビューになります。

 まああとから「ごめんなさい七月中で」って一カ月の余裕が生じたので人権に配慮したタイムスケジュールになりましたが、一度そういうモードに入ったので、七月末まで見ないでおいて意地でも一気見してやると決めて家ん中引きこもって見てました。最終的にはもっとくれ、もっと! ってなりました。本気で面白い。世界観のバランス的には《エレコーゼ・サーガ》っぽい。ファンタジー要素が全体の二割くらい。《エルリック》だと四割くらいになってしまうので。《コルム》だと六割。ちゅうか始まった時にはゲームの『スカイリム』っぽいなって思って見てましたけど。雪国だし。ではわかりやすくするため、区切りながら雑感を述べていきます。

■説明なしで大量の世界観をぶっこまれるけどそれがよかったシーズン1(第一章:七王国戦記)

近親相姦に夢中になってたら子供に見られたので突き落として半身不随にする第一話。初っぱなから説明無しで大量の世界観情報を容赦なくブッ込んできます。これ事前に調べて対応するのもいいですが、僕はあえて「何だかよくわからん」というスタイルで視聴しました。冒頭でなんかゾンビっぽいホワイトウォーカーってのが出てきて人を残酷に殺しますが、そういうファンタジイ要素は序盤のみでしばらくは人間ドラマが続きます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
江波光則映画レビュー

江波光則

6月下旬に終末SF『我もまたアルカディアにあり』を刊行した江波光則氏。 もともと映画がお好きな江波氏に、「終末」つながりで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見た感想をまとめていただきました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hayakawashobo cakes更新です~ SFマガジンの再録です。江波さんの記事https://t.co/rPscoS7APSとあわせ読みも! 《氷と炎の歌》はコレから読め!|酒井昭伸|『七王国の騎士』訳者あとがき出張版 https://t.co/yhUnhz2pwL 3ヶ月前 replyretweetfavorite

feilong 1件のコメント https://t.co/BviYFmHjCn 3ヶ月前 replyretweetfavorite

feilong 1件のコメント https://t.co/BviYFmHjCn 3ヶ月前 replyretweetfavorite

nobyta_ うん、これだけ見ても全然わからんw 3ヶ月前 replyretweetfavorite