それでも僕は、外科医をやめない

クリスマスに言う、「離婚おめでとう」

年の瀬も押し迫り、街中がイルミネーションで彩られるこの季節。自分の身の上が否が応でも、独り身なのか、パートナーがいるのか、はっきりと思い知らされます。とはいえ、パートナーがいるから幸せかというと、そうでもないようで……。雨月氏は、終わりを迎えたカップルに対して純粋に思うところを語ります。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

もう今日は12月23日。今年はクリスマスと祝日が続く三連休なのですね。世の中のカップルたちはどう過ごしているのでしょうか。旅行に行く人も外食する人も増えるでしょうから、連休は経済にはいいでしょうね。一方で一流ホテルに勤める友人からは「例年よりキャンセルが多くて困る」という苦情も聞きました。クリスマス前って実は別れるカップルが多いのですが、旅行に行こう!なんてことになると「やば、おおごとになる前に別れなきゃ」となるのでしょうかね。

そんな縁起でもないお話ですが、今回のタイトルはもっと縁起の悪い「離婚おめでとう」です。釣りタイトルではありませんよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kitayama 髪結いの亭主みたい / 他1コメント https://t.co/JlngDIMcBA 3年弱前 replyretweetfavorite

kitayama 髪結いの亭主みたい / 他1コメント https://t.co/JlngDIMcBA 3年弱前 replyretweetfavorite

esme9story |雨月メッツェンバウム次郎 離婚するくらいなら結婚しないほうがマシかどうか、か。 どんな結婚生活だったかによるな。 幸せな時間が一年でもあったんなら 価値はあったんじゃない? https://t.co/1O2Xxwcc2C 3年弱前 replyretweetfavorite

tipi012011 確かに、苦労した人にとっては新たな門出でもありますね。 3年弱前 replyretweetfavorite