同じテーブルにセフレを2人呼ばれたりしたら最悪

外資系アパレルでプレスをしているくるみ(24歳)と、ヘッジファンドでマネージャーのアシスタントをしている知恵(23歳)。若くてかわいい無敵の2人は、毎晩合コンやパーティーを繰り広げている模様。Twitterで話題の「東京姉妹」が、クレイジーな日常を小説形式で綴ります。

【知恵】7月29日 金曜日

知恵の夏はもうとっくに始まっていた。

先週の土曜日は大手外資コンサルとBBQ、今週末は葉山でデートだ。

いつも通り会社を定時に終え、18時半から始まる料理教室に向かう途中で知恵のiPhoneが鳴った。

「今夜、商社時代の同期と飲むんだけど知恵もジョインしない?」

滝沢からだった。

「今から料理教室なんだけど、その後だったら行けますよ」
「オッケー、待ってる。ヒルズクラブのラウンジに来て」

知恵は最近、和食作りにハマっている。海外生活の経験がある知恵は、日本文化の良さをよく知っているのだ。今日の料理教室のメニューは旬な夏野菜のサラダと竜田揚げ、それからだし巻き卵にデザートは豆乳プリンだ。

知恵は女友達と料理を楽しんだ後、六本木ヒルズクラブのラウンジ「フィフティワン」へ向かった。


【くるみ】同日

「お先に失礼します」

くるみが勤めるアパレルブランドが都内旗艦店をリニューアルオープンすることになり、その一大イベントに向けての準備で忙しかったくるみだが、先日無事に立ち上がりを終えて一段落したので、今日は19時半頃には帰る目処がついた。

オフィスを出て、iPhoneに来ていたメッセージの返信をしていると、滝沢から連絡があった。

「今友達と飲んでるんだけど来なよ」

こんなに早く仕事が終わるのも久しぶりだし、少し顔出そうかな。

くるみは帰路の途中で方向転換し、六本木へ向かった。

「フィフティワン」は、六本木ヒルズの51階のエレベーターを下りてすぐの場所にある会員制のラウンジだ。入会金120万円に、毎年18万円という高額な年会費を払っている人とそのゲストだけが入店できる。東京を一望しながらお酒が飲める、エクスクルーシブなラウンジは滝沢のお気に入りだった。席の間隔もそこそこあるため、周囲に自分たちの会話が聞こえることもない。

「いらっしゃいませ」
「あ、滝沢で予約している…」
「滝沢様、お待ちしておりました。ご案内します」

フィフィティワンに入るのは初めてのくるみがまず驚いたのは、スタッフが予約台帳やiPadなどを見ることなく、席へと案内し始めたことである。その日の予約名と席をすべて暗記していないとできないことである。

「あ、すみません、その前にお手洗いに行きたいんですけど」
「かしこまりました」

ちゃんとした雰囲気のお店だから、メイクをきれいに直しておこう。くるみはとっさの判断で化粧室に案内してもらい、目尻のアイラインをばっちり引き直し、マスカラも上下塗り直した。そして童顔を引き立てる小さな唇に真っ赤な口紅を塗り、透明なグロスを重ねて色気をまとう。

「うん、かんぺき!」

鏡で全身をサッとチェックしてからトイレのドアを開けた。受付に戻って席に案内してもらおうと思っていたが、トイレの前で店員が姿勢を正しくして待っていたので驚いた。

「あ、すみません」

くるみは急いで店員のもとにかけ寄り、再び席へと案内してもらった。

「こんばんは」
「おぉ、くるみ、紹介するよ。オレの商社時代の同期で小野っていうんだ。今は関連会社に出向中でヨーロッパに駐在してるんだけど、今帰国中なんだ」

特別カッコ良くもないがダサくもない、滝沢ほど出しゃばることもなさそうな中肉中背の男が滝沢の向かいに座っていた。座高からして彼と同じく175センチくらいの身長だろう。

「初めまして、小野です」
「あ、小野さん。どうも」

小野に向かって小さく会釈する。

「こちらはくるみ。オレの彼女」

彼女!?と思ったが、訂正するのも面倒で、まぁなんでもいっかと思い直し、「くるみと申します」とあいさつをした。

「何飲む? 同じのでいい?」

テーブルを見ると、2人は白ワインのボトルを開けていた。

「んー、うん」

くるみは本当はメニューを見て選びたかったが、場の空気を読んで同じものにした。

「すみません、グラスもう1つください!」

3人でワインを飲みながら、小野やくるみの仕事の話、滝沢の自慢話などをして他愛もない時間を過ごした。

「こんばんは」

突然、くるみたちのテーブルに一人の女性がやってきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
私たち、いま、無敵じゃない?

東京姉妹

外資系アパレルでプレスをしているくるみ(24歳)と、ヘッジファンドでマネージャーのアシスタントをしている知恵(23歳)。若くてかわいい無敵の2人は、毎晩合コンやパーティーを繰り広げている模様。Twitterで話題の「東京姉妹」が、クレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mutekijanai 「くるみのことは「彼女」、知恵のことは「友達」という分類で今日ここに呼んでいるんだ、とはっきり理解ができてなんだか安心した」 6ヶ月前 replyretweetfavorite

ri_tan38 東京姉妹さんは叶姉妹さんと同じようなコンテンツだと思っている。 「ジョイントしない?」😰 料理教室で習うのがだし巻き卵や竜田揚げだったり、色々とクスッと笑えるネタを挟み込んで来るのが商売上手なのかも…?? https://t.co/N9fpFCZkek 6ヶ月前 replyretweetfavorite

mutekijanai ちゃんとした雰囲気のお店だから、メイクをきれいに直しておこう。くるみはとっさの判断で化粧室に案内してもらい、目尻のアイラインをばっちり引き直し、マスカラも上下塗り直した。 https://t.co/3XEPgRMDNu 6ヶ月前 replyretweetfavorite

goph_ 入会金120万円に、毎年18万円のヒルズクラブ。どう考えてもコスパ悪いんだけど、その無駄金を払えるということが金持ちのシグナリングとなるため、六本木界隈の成金が入会しがち https://t.co/B6IRKr65gT 6ヶ月前 replyretweetfavorite