走狗

わしが岩倉具視だ

川路と大久保は朝廷と密な関係を築くため、謹慎の身にあった公家 岩倉具視と会う。


十四


 岩倉具視が謹慎しているのは、洛北じっそういん近くの小さな家だった。平屋建ての粗末な家で、妻子を実家に帰し、岩倉一人が住んでいるという。

「こんなところにいるのか」

 そのかやぶきのあばら家を見た時、大久保がつい漏らした。

「どうやら、ここのようです」

 伊東から詳しく聞き込んでいた場所と、その家の姿から、ここが岩倉のぐうきょに間違いない。

 表口で来訪を告げると、中から無愛想な男が出てきた。

 謹慎処分となった時に出家をしたので、髪型はほうかいぼう(五分刈り頭)である。

「薩摩藩の大久保一蔵に候」

「同じく川路正之進に候」

「わしが岩倉具視だ。こんなところまでよくぞ来られた。まずは入られよ」

 岩倉の居室に案内された二人は、小さな机を挟んで岩倉と向き合う格好になった。

ふすまには、漢詩か何かを書き散らした紙がところ狭しと貼られており、岩倉の焦燥感や鬱屈した気持ちが伝わってきた。

おぼつかない手つきで襖を開けた老婆が、盆に載った茶碗を置いていった。岩倉が動かないため、利良が岩倉と大久保の前に茶碗を置く。

「あらためまして───」

 大久保が自己紹介すると、岩倉が「そちらの方は」と問うてきた。同じように自己紹介していいのかと思い、利良が口を開こうとすると、大久保が「護衛役にすぎません」と答えた。

 それで岩倉は納得したらしく、利良を無視して話を始めた。

 岩倉は薩摩藩の唱える公武合体策に賛成であり、このまま幕府の独走を許してはならないと力説した。さらに雄藩会議によって新たな政治体制を整え、外圧に対抗していくべきだと論じた。

「ご高説、ご尤もと存じます」

 大久保は、うまく相槌を打ちながら岩倉の話を聞いている。

「むろん雄藩会議となれば、りゅうえい(幕府)は不要となります」

 ───つまり幕府を倒すというのか。

 話の成り行きに利良もどうもくした。

 岩倉は話が一段落する度に、その三白眼で大久保を見つめる。反応を確かめているのだ。

 ところが大久保は、何も持論を述べずに相槌だけ打っている。

 大久保が常々、「まず相手に語らせる。こちらは黙って聞く。決してげんを与えてはならない」と言っていたのを、利良は思い出した。

「大久保さんは、どう思われる」

 痺れを切らしたかのように岩倉が問う。

「はて───」

 大久保は腕を組んで黙り込んでしまった。その態度に、岩倉は少し鼻白んだ。頭の回転が速いだけに書生臭さが抜けないのか、岩倉は感情を顔に出してしまう。まさに議者やざいにありがちな態度である。

「大久保さん、古き物は決して新しくはなりませぬぞ」

「───」

「新しくならぬのなら、なくしてしまうに越したことはない」

 そこまで言われても、大久保は無言である。

「薩摩の方々は、いまだ知らぬとは思いますが───」

 岩倉が思わせぶりな言い方をする。

 ───此奴は何か手札を持っている。

 利良の直感が、それを教えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

走狗

伊東 潤
中央公論新社
2016-12-19

コルク

この連載について

初回を読む
走狗

伊東潤

伊東潤デビュー10周年の集大成 警察の父・川路利良大警視(現:警視総監)の生涯を描いた長編時代小説 明治維新――。それは、謀略渦巻く、弱肉強食の時代。 純粋な志を持つ男たちが、権力を握るや、醜い修羅へと変わってしまう。 薩摩藩の下...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません