走狗

壬生浪の犬

川路がお藤の元に通い詰めていることを知った藩内の仲間たち。
ある日、川路は彼らとともに「小料理 藤」を訪れるのであった。


十一


ちょうちんを持つ利良を先頭にして、篠原冬一郎、黒田了介、村田新八、そしてしょうぞうが、薄暮の堀川通を南に向かって歩いていた。

 江田は篠原の弟分のような存在で、その剣の腕も一流だが、射撃の腕は「薩摩藩随一」と謳われるほどだった。

 篠原のうなる詩吟が町辻に漂う。てい浪士だと思ったのか、どこかの店で雨戸を閉める音がする。遠方からは詩吟に刺激を受けたらしく、長く尾を引くような犬の遠吠えが聞こえる。

 薩摩・会津両藩は形ばかりに手を組んでいるので、新選組と鉢合わせしても襲われることはない。しかし夜ともなれば、何があるか分からない。利良は左右の路地にまで気を配りつつ、先頭を歩いた。

 堀川通を真っ直ぐ進み、本圀寺に突き当たったところで左折すると、「小料理 藤」と書かれた行灯が見えてきた。脇窓からわずかに煙が出ているのは、お藤が今夜の仕込みをしているからだろう。

 ───やはり店を開けていたか。

 わずかに残っていた休業の希望も消え、とたんに足の進みが滞る。

「どげんした」

 篠原に背を押されたが、利良はそれ以上、進めなくなった。

「村田さん、篠原さん、今宵はやめもそ」

「何、照れ臭がっちょる」

「心配せんでよか。冷やかしは言わん」

 篠原と村田が左右から言う。

「本当にからかわんでくいやいよ」

「ちと飲んだけじゃ。機嫌直して行きもそ」

 黒田が、いかにもなれなれしげに利良の肩を叩く。

「了介、すけべなこっを言っちゃならんぞ」

「分かっちょる。分かっちょる」

 ようやく覚悟を決めた利良が、いざ暖簾をくぐろうとした時である。

「正蔵、そいじゃ頼んど」

 篠原にそう言いつけられた江田は、「はい」と言うや闇の中に姿を消した。

「篠原さん、江田はよかとですか」

「ああ、気にすんな」

「は、はい」

 篠原が江田を連れてきた理由が、これで分かった。

 腰高障子を開けて「来たぞ」と言うと、お藤が「おこしやす」と言って迎えに出てきた。

「お一人どすか」

「いや、今日は仲間を連れてきている」

「えっ」

 お藤が驚いたように目を見開く。

「ご無礼仕る」

 続いて三人が入ってきた。

「あっ、これはおおきに。どうぞお掛けやす」

 お藤が三人を座敷に案内しようとしたが、村田だけは、立ったままかもに飾られた神社の札を眺めている。

「どないしはりました」

 篠原も草鞋を脱がず、土間の卓子に軽く背を持たせ掛けている。黒田は二人を見比べながら、どうしようかと迷っている。それを見て利良は、草鞋を脱ごうとした手を止めた。

 お藤が村田に声を掛ける。

「護符にご関心がおありどすか」

「ああ、ちょっとな」

 村田の視線は一つの護符に止まり、微動だにしない。

「あれは浅草神社の護符か」

「へえ」

 お藤の顔色が変わり、少し身を引いたように感じられた。

「近頃、浅草神社の護符をよく見かける。のう冬一郎」

「ああ、そう言えば、よく見かけるな」

 篠原が険しい顔で答える。

「この護符は、東国帰りの常連はんが、くれはりましたんどす」

 お藤が笑みを浮かべて答えたが、どこかぎこちない。

「何という名のお方かい」

「えっ」

 突然のことに、お藤は答えられない。

「まさか、壬生浪という名のお方じゃないのかい」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

走狗

伊東潤
コルク
2016-12-19

コルク

この連載について

初回を読む
走狗

伊東潤

伊東潤デビュー10周年の集大成 警察の父・川路利良大警視(現:警視総監)の生涯を描いた長編時代小説 明治維新――。それは、謀略渦巻く、弱肉強食の時代。 純粋な志を持つ男たちが、権力を握るや、醜い修羅へと変わってしまう。 薩摩藩の下...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません