走狗

伊東甲子太郎ちゅうお方です

西郷・大久保の連絡係として薩摩藩の政治活動の末端を担うようになった川路。ある日、薩摩藩重臣・小松帯刀からある人物と会うように命じられる。



 元治二年は四月に慶応と改元され、慶応元年(一八六五)となった。

 安政七年(一八六〇)三月の桜田門外の変に始まり、文久二年(一八六二)六月の島津ひさみつの江戸上府となまむぎ事件、文久三年七月の薩英戦争、八月十八日の政変、元治元年(一八六四)の禁門の変、そして第一次長州征討と、薩摩藩が関係した大きな事件だけでも、これだけのことが次々と起こっている。

 こうした政局とは、ほど遠い立場にいた利良でさえ、いつの間にかその渦中に放り込まれ、薩摩藩の政治活動の末端を担うようになっていた。

 慶応元年の懸案は、条約勅許問題と第二次長州征討の是非である。

 一橋慶喜は京都における政治的主導権を堅固なものとすべく、第二次長州征討を実現させたかった。

 一方の薩摩藩は、京都政界の主導権を握った禁門の変以降、朝廷と幕府の双方を操り、新たな政体を築こうとしていた。

 そんな折、利良は勝海舟から与えられた新たな情報を持って、京都二本松にある薩摩藩邸を訪れた。この藩邸はひがしのとういんの藩邸が手狭になったため、文久二年に建てられたばかりで、薩摩藩の勢威を象徴するものとなっていた。

 藩邸の会所で西郷を待っていると、西郷は、いま一人の武士を伴って入ってきた。

「正どん、久しかぶいな」

 西郷の後ろから現れた人物を見て、利良は広縁に頭をすり付けた。

「正どん、お待たせしもした。じゃっどん、そこでないをしちょっとな」

「苦しゅうない、こちらに来い」

 西郷と一緒に現れた武士が、優しげな声音で言う。

「はっ、ははあ」

 与力や足軽が士分に対する場合、正式の座では、許しがあるまで縁に控えていなければならなかった。だが、次第に簡略化され、この頃には、座敷に控えていても非礼ではなくなっていた。とはいっても相手が家老となると、話は別である。

「正どん、まつ様は初めてでごわすか」

「は、はい」

「小松たてわきだ」

「はっ、ははあ。川路正之進です」

 小松帯刀きよかどはこの時、三十一歳。この若さで、藩政を主導する立場にある。

「構わぬから、面を上げろ」

「正どん。もう堅苦しかこっは要らん時代になったっど」

「はい」と答え、利良は思い切って顔を上げた。

 正面上座に座る小松は、にこやかな顔の西郷とは対照的に、真剣なまなしを利良に向けていた。

 根がで、酒席でもごと一つ言わないと噂されている小松である。この時も無愛想なほど無表情だった。

「早飛脚で江戸の情勢は、おおまかに分かいもした。そいでは、詳しく話しっくいやい」

 西郷が先を促す。

 二人が多忙なことを思い出した利良は、「はっ」と言って威儀を正すと、勝から聞いた話を正確に繰り返した。

「先頃、再び勝様から呼び出しがあり、五月に将軍家が上洛の途に就くと伝えられました」

 そこまでは書状で、すでに知らせてある。

「その裏で画策しているのは、一橋公とのこと」

「やはりな」

 小松がため息交じりに言う。

なりあきの七男で一橋家十万石に養子入りした慶喜は、幕閣の次代を担う人材として大いに期待されていた。

 薩摩藩も慶喜に大きな期待を寄せ、島津久光の上府時に幕閣に圧力を掛けて将軍後見職に就任させた。ところが慶喜は、八月十八日の政変で長州藩を追い落とした後、新たに編成された参預会議後の酒席で泥酔した挙句、久光を「表裏あるねいじん」と罵倒し、薩摩藩から愛想を尽かされた。

 慶喜は幕閣とも距離を置き、朝廷工作によって禁裏御守衛総督に就任すると、会津・桑名両藩の軍事力を背景にして独自の勢力を築き、政界の主導権を握ろうと画策していた。これが、いわゆるいっかいそう勢力である。

「かの御仁は、どうしても長州を討ちたいのだな」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

走狗

伊東潤
コルク
2016-12-19

コルク

この連載について

初回を読む
走狗

伊東潤

伊東潤デビュー10周年の集大成 警察の父・川路利良大警視(現:警視総監)の生涯を描いた長編時代小説 明治維新――。それは、謀略渦巻く、弱肉強食の時代。 純粋な志を持つ男たちが、権力を握るや、醜い修羅へと変わってしまう。 薩摩藩の下...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jun_ito_info 【限定無料公開】 新刊『走狗』の第6話が本日公開! 川路が明治維新という騒乱の渦中に巻き込まれていきます。 第6話は、坂本龍馬、中岡慎太郎、小松帯刀、伊東甲子太郎など幕末の偉人たちの名前が盛りだくさん! https://t.co/pi7JcahemL #走狗 #川路利良 スタッフ 5ヶ月前 replyretweetfavorite