心のベストテン

2016年は「お笑いが音楽に勝った」一年だった

今回の「心のベストテン」は「街で聞いた今年の1曲ランキング」を見ながら2016年を振り返ります。それを見ながら、柴さんが「2016年はお笑いが音楽に勝った」と断言する理由とは?
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの熱い対談をお楽しみください。

あの決断を下した人が、なんでいまだに黙っているのか

大谷ノブ彦(以下、大谷) 柴さん、やりましたね。『ヒットの崩壊』の大ヒットおめでとうございます!

柴那典(以下、柴) ありがとうございます! 大ヒットは言い過ぎですけど、早くも増刷がかかりまして、おかげさまで評判がよいです。

大谷 いや、めっちゃおもしろかったですよ。ヒットの崩壊と言いつつ、ヒットの多様性を表している本だなと思いました。

 読んだ人は全員気がついていると思うんですが、『ヒットの崩壊』っていうタイトルが、一番の嘘なんですよね。

大谷 そうそう。全然ネガティブじゃないもん、この本。

 90年代のCDバブルだった時代の「ヒットの方式」は成立しなくはなったけれど、音楽業界は全然崩壊してないっていうことが書いてありますからね。

大谷 この本の中身自体もcakesで公開しているんですよね。

 そうなんですよ。この本の中身はすべてcakesで公開する予定です。なぜそうしたかというと、「無料でネットに公開してもパッケージが売れる」という成功例がすでにたくさんあるから。
 マンガだってそうです。これはコルクの佐渡島さんも言っていたんですけど、本の冒頭だけ無料で読ませて「続きは買ってね」という形よりも、一つの話を全部読ませた方が売り上げがいい。それを読んでおもしろかったら買うという読者が多い。

大谷 なるほど。

 最近、いろんな人から「YouTubeにMVをフルで上げるには会社の稟議を通さなきゃいけない」という話を聞くんですよ。だからショートバージョンのMVが増えてる。でも、今の時代にそれをやるのは、はっきり言って愚の骨頂だと思います。途中で切られたら、買わないんです。ユーザーに不満感が残るから。

大谷 それはすごく分かる。CDが売れなくなるからってそういうことをする人たちは寛容さがなさすぎると思うんです。それは昔、CCCDを出していた人たちと同じですよ。僕、あれほんとイヤだったな。
「CDが売れなくなる。消費者の気持ちもアーティストの声も後でいい。こっちは必死なんだ。だからとにかくコピーはさせねえ」って。あんなことをやったせいで、こっちはレーベルが嫌いになった。

 そうなんですよ。CCCDを導入した時のレコード会社のトップにいた人、あの決断を下した人が、なんでいまだに黙っているのか。一言みんなに謝ってくれないのか。

大谷 「いやあ、俺が悪かった、ごめん!」ってね(笑)。

 そうしたら「そろそろ時効だね」と言える気がするんだけれども、「あれ? 誰も責任とってないじゃん」って。

大谷 たしかにね。だから、そういった売り方の面でみても、この本はよくできた商品だなって思いました。

 ただ、この本を書き終えたのが9月だったんですけど、校了中にPPAPがすごい勢いで世界中に広まっていって。「『ヒットの崩壊』っていうタイトルにしちゃったけど、2016年、ヒットあったわ」とは思いましたどね。

大谷 あははは。

 まあでも、ここで書いたことは別に否定されていないなって。PPAPはSNSとYouTube発のモンスターヘッド的な爆発的な拡散だったわけで。この本にも書いたようにSNSが「みんなが話題にしている、だから観たい、聴きたい」という状況がより強まっているということを証明してくれた出来事でした。

今の小学生は「恋ダンス」を完璧に踊る

大谷 それにしても2016年は本当に色々なことがあった年でしたね。

 ね! この間ミュージックステーションで「街で聞いた今年の1曲ランキング」というのがやっていたんですけど、そのランキングがすごくおもしろかったんですよ。

大谷 えっ? どれがランキングに上がっているの?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

id_hoven #netsu 大谷ノブ彦:CCCDを出していた人たちと同じですよ。僕、あれほんとイヤだったな。「CDが売れなくなる。消費者の気持ちもアーティストの声も後でいい。こっちは必死なんだ。だからとにかくコピーはさせねえ」って> / “2…” https://t.co/BFm3iYm7ca 約3年前 replyretweetfavorite

mame623 スマスマが「音楽とお笑いの二刀流」なるほどー。「ラジオとAbemaTVの二刀流」不覚にもワロタ> 3年以上前 replyretweetfavorite

ese19731107 「音楽って何かと結びついて爆発するエンターテイメント」→ 3年以上前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden でも、大谷さん、あなたは音楽に勝ってない  3年以上前 replyretweetfavorite