第11回】忠犬を飼うか。忠犬となるか。

だいぶ暖かくなってきてウンザリするような桜や春の到来を予感せざるを得ない昨今ですが、皆さまにおかれましては夏風邪などひいておられないでしょうか。今回は、「ペットとは何か」という本質を考えさせられる1本です。過去の名作へのリスペクトがないわけでもないようです……「もし猫が自分を養ってくれたら?」という全人類の願望を具現化したプロレタリアート猫ちゃん漫画『クレムリン』が、cakesに登場! えりぬきのエピソードを毎週再掲載!!

 

 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーニング

この連載について

初回を読む
クレムリン in cakes

カレー沢薫

大学には一度しか行ったことがない若者・却津山春雄(きゃっつやまはるお、通称・キャッツ)が歩いていると、道ばたにロシアンブルーが捨てられていました。しかしキャッツはつい、一年間見て見ぬフリをしてしまいました。その後拾うことにしたのですが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mark_n2084 @pico2nd 新作きてた 約5年前 replyretweetfavorite

uwinookuyama 毛の描写に注目。そしてウミウシ (よくよく見ると巨大) ※訂正してお詫びいたします 約5年前 replyretweetfavorite

nisiro810 おめめパッチリだったり大学教授だったり、クレムリンに出る猫は生後3ヶ月でピークを迎えるのだろうか 約5年前 replyretweetfavorite

rosia29 教授は猫のつもりで描いてたんだけど、犬と思われてたのかな?犬と猫を描き分けられないってただ事じゃないぞ! 約5年前 replyretweetfavorite