晩酌歳時記

第七回・菜飯

たくさん飲む上にたくさん食べるからスゴイ、二十歳の男の子にそうホメられました。まんざらでもない佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。母親の味と言えば? 私の場合はコロッケ、春巻、ちくわの磯辺揚げです。

 先日実家に立ち寄った時のこと。台所の流しに蕪の葉が三束放ってあったので、捨てるなら貰って良いかと母に尋ねました。
「いいけど……。生活、苦しいの?」
 え。
「お米も持っていく?」
 うーん……ありがと、大丈夫。
 母にとってカブの葉は捨てるものであり、それを貰って食べるなんて貧しさの証。そして貧しい者にはまず米を与えようという発想が、現代離れしているというか何というか。いや、ありがたいけどね、お米貰ったら。新聞紙に包んだ葉っぱをトートバックに挿して帰りの電車に揺られながら、いわゆる「時代」なんてもののことをしみじみ思いました。あ、母は昭和二十二年、私は昭和五十五年生まれです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード