反逆文化の成り立ち/アウトサイダーとしてのエリート意識【第5回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート!全原稿を火・木の週2回で公開します。ミニマリズム、シェア、健康食志向・・・今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか。
今回は、「食の安全」を求めるあまり過剰なオーガニック原理主義に陥ってしまう原因を歴史の中に探っていきます。

反逆文化の成り立ち

 なぜこれほど過剰な原理主義が蔓延してしまうのでしょうか? その背景には、現代の大衆消費社会への反感のようなものがあるのではないかと、わたしは考えています。

「多くの消費者は騙されている」

 という考えかたです。そこには、大衆消費社会を支えている政府や企業への不信もある。

「大企業はわたしたちを騙そうとしている」

「政府は信用できない」

 民主主義の社会ですから、政府はわたしたちが信任して選んだものです。企業も、市場経済のもとで営利活動をして大きくなったのにすぎない。にもかかわらず、過剰なまでに企業や政府に不信感を抱くというのはどういうことなのでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

scott_stll 従順なジャーナリストwww使い物にならないだろwww プロテスタントの教会なり、どこかの国の独立記念日なりに赴いて、「反逆クール、ぷっ!」とバカにしてこいよ。 そもそも言ってることが反例ありすぎて話にならない。 https://t.co/9XgbfzsvqF 7ヶ月前 replyretweetfavorite

Black_1109 しかし素早く結果を出す可能性があるのはアウトサイダーの方。どちらがよいかではなく、両方が必要なんだろう  8ヶ月前 replyretweetfavorite

rikunaru008 🉐💛 ##話のネタ #__会話のネタ #_たちつてとなかにはい #体 8ヶ月前 replyretweetfavorite

sky_y “国会議員と協力したり、官僚にはたらきかけるのではなく、デモなどの個人的な運動に訴える方を好んだのは、こうした「反官僚組織」的な気持ちの表れだともヒースは言っています” 重要な指摘。 8ヶ月前 replyretweetfavorite