食の安全」に対する変化【第4回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート!全原稿を火・木の週2回で全文を公開します。ミニマリズム、シェア、健康食志向・・・今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?
第4回は、「食の安全」を求める消費者運動の歴史をふりかえるところからはじまります。

「食の安全」に対する変化

 農薬や化学肥料をつかわないオーガニックな無農薬有機野菜は、かつては消費者運動の象徴のような面がありました。

 戦後史をふりかえってみると、1960年代ぐらいまでは、オーガニックな食を求める人はごく一部でした。それどころか、化学的なもののほうがハイテクでカッコよかった。いまでは想像もつきませんが、そういうものは古い日本の土着的な農村文化に対置されるものとして、もてはやされていたのです。

 たとえば1966年の大手日用品メーカーのテレビCMを見ると、食器を洗うための中性洗剤でりんごやレモン、きゅうりなどの野菜果物を洗っているシーンが出てきます。いま見るとギョッとしますが、当時はそれが「未来っぽくて進歩的」な感じに映ったのでしょう。同じ時期の食品メーカーのCMでは、うま味調味料を、食卓の料理にドバドバかけている映像がつかわれています。昔ながらの昆布やかつおのだしよりも、化学の力で味を加える方がカッコよかったのですね。そういえばインスタントラーメンや、レトルトパウチに入ったカレーも、当時はとても未来的なイメージでした。食品添加物もあたりまえで、ウィンナーといえば真っ赤に着色されている商品がごく普通だったのです。

 しかし1970年代になると公害問題や環境問題がクローズアップされるようになり、「食の安全」を求める運動が本格的に高まってくるようになります。こまかくは記しませんが、70年代は着色剤や漂白剤の追放運動、80年代は食品添加物の規制緩和反対運動、そして90年代の遺伝子組み換え食品、ダイオキシン健康被害問題などが、時代ごとの大きなトピックです。

 こうした消費者運動の取り組みは大きな成果をあげ、食の安全はたいへん前進しました。

 しかし一方で、「やりすぎ」になってしまった面もあります。それは、過激な「オーガニック原理主義」のような考えかたが蔓延するようになってしまったことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sayaca8888 オーガニックに抱えてたモヤモヤや違和感を払拭してくれる良記事。 12日前 replyretweetfavorite

bio_matsuki 極めてマトモで真っ当な主張でしょう https://t.co/Sstbo52jMN 18日前 replyretweetfavorite

Singulith >「つまりいちばん美味しくなる旬の時期に、美味しい品種の野菜を選び、それを鮮度の良いうちに料理して食べる。これが野菜の最も美味しい食べかたであり、有機かどうかは重要ではないということなのです」  https://t.co/heDI3J9uFQ 19日前 replyretweetfavorite

Singulith >「消費者運動の取り組みは大きな成果をあげ、食の安全はたいへん前進しました。  しかし一方で、「やりすぎ」になってしまった面もあります。それは、過激な「オーガニック原理主義」のような考えかたが蔓延するようになってしまった」  https://t.co/heDI3J9uFQ 19日前 replyretweetfavorite