それでも僕は、外科医をやめない

付き合うことの意味がわからない」と言い切った元外資系金融女子の話

女子との会食をエッセイの一つのテーマに掲げている雨月氏。埋まらない男女の溝に横たわり、男女双方の橋渡しをしようと試みるけれど、やっぱり今回も雨月氏は溝にはまってしまって、男性には理解できない女性のそれに戸惑っているようです。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

あと少しで2016年も終わろうとしています。来年はどんな年になるのでしょう。そんなことをふと考えた時、では昨年はどんな年であっただろうか、と逡巡します。去年のcakes連載を振り返ると、この頃の私は美人人妻女医の匂いを嗅ぎ、クラブに行き、私を傷つける人のために祈っていました。なんだかわけがわかりませんが、まあ毎年似たようなことをしているもんです。

さて、先日のこと。とある勉強会で知り合った女性と私は食事に行って参りました。

寒い寒い風の吹く日、彼女と待ち合わせた私は鍋を食べるために行きつけの水炊き屋さんへ。そこで伺ったこんなお話。

「私、『付き合う』の意味がわからないんです」

そんな言葉から始まったこの会食。あらかじめ恋のお話を教えてね、と言っていたので、考えをまとめてきてくれたようです。真面目な方ですね。

彼女は20歳代後半、もともと外資系金融企業に勤めていたのですが、現在では辞めて自分で事業をやっている方です。白く美しい肌の、ふくよかで優しそうなタレ目の女性です。この日はエメラルドグリーン色のノースリーブを着ていらっしゃいました。

「え、でも過去に付き合った人はいるんでしょ?」

そう伺うと、はい、二人いました、と。そこに「付き合うの意味がわからなくなった鍵が潜んでいるのでは」と考え、詳しく伺いました。

「一人目は、大学時代にお付き合いを始めました。初めての彼氏でしたが、すごくいい人で。ただ、実家があまり裕福でない人だったんです。私は気にしないようにしていたのですが、付き合っているうちに彼はだんだんとひがみっぽくなってきてしまい、ついには毎日会っても電話でも言葉のDVを受けることになってしまい、一年くらい我慢しましたが結局別れました。別れた後はそれなりに落ち込んで、痩せた水着写真をfbにアップしたりしたんです。ええ、普段はそういうことをしないのですが、当てつけのつもりで。そしたら彼が普通に新しい彼女といちゃいちゃしている写真をアップしているのを見て、さらに落ち込みました」

「そりゃ、大変なお付き合いだったね」

毎日言葉のDV電話。すぐに別れなかったのは、彼女のなにか特別な性格なのでしょうか。

私はこのお話をまとめたり評価したりすることはせず、で、次の恋愛はどんなだったの?と聞いてみました。

「次の人はサラリーマンでした。私はそのころ外資系金融に勤めていたのですが、彼の私に対するコンプレックスが酷くて。彼は会社を辞めて資格試験に挑戦し、見事合格したんです。そうしたらそのタイミングで付き合って3年だからっていきなりプロポーズしてきちゃって。私はまだそんなつもりじゃなかったから、曖昧な返事をして逃れました。」

「え!プロポーズを曖昧に返事するってすごいね!」私はびっくり。

「だってひどいんです、完全に向こうだけ都合がいいタイミングで、しかも神楽坂の普通の居酒屋だったんです。1月の、すごく寒い日の」

「ふーん」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyokokwanau |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない 理想は「好きな人と付き合う」「幸せがこの地球上にちょっと増えるんだしさ」ほっこり https://t.co/o68iwgtXeC 3年弱前 replyretweetfavorite

Singulith >「もともとダメ系の男が好きな上に、付き合ってからさらにダメにしてしまうという病。こういう女性って、たまにいますよね。ええと、20人にひとりくらいの割合で。ナースには結構多くて7人にひとりくらい」  https://t.co/d0E3g1f6YC 3年弱前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo 付き合うって事を拡大解釈すれば楽になると思う。ただし財布の紐に楽さは禁物(苦笑) 3年弱前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo 最後の言葉。イスから転げ落ちるレベル(苦笑) 3年弱前 replyretweetfavorite