ヤノマミ・神秘体験・手話

今回の「新・山形月報!」で山形浩生さんが取り上げた本は次の通りです。バックパッカーにお薦めの一冊から脳科学ものまで様々ですよ! 高野秀行『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)、国分拓『ヤノマミ』(日本放送出版協会)、宮地祐司『サイフォンの科学史』(仮説社)、ケヴィン・ネルソン『死と神秘と夢のボーダーランド』(インターシフト)、高田英一『手話からみた言語の起源』(文理閣)。

そろそろ年度末に入ってきてばたばたしてきていますよ。一応、3月頭が一つの山だったんだけれど、あまり手離れがよくなくて、細かい注文がどんどんやってくるので気持ちが萎えております。みなさんいかが?

1月が終わって外国出張が落ち着いているのはありがたい一方で、日本にいるのも手持ちぶさたではある。昨年の今頃はエチオピアをうろうろしていて、その近所にあって気になっていた国がソマリランドだった。で、それについての本が出ていた。高野秀行『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)。

謎の独立国家ソマリランド
謎の独立国家ソマリランド

高い志があるわけではなく、人の行っていない国に行ってネタを探そうという著者が、そもそも入り方すらわからないソマリランドにでかけ……という話。実は最初のほうでソマリランドの行き方がわからんと騒いでいるあたりでは、ぼくはあまり感心していなかったのだ。

ソマリランドはそんなに行きにくい国ではない。去年エチオピアにいく時に買ったロンリープラネットのガイドブックにも、ソマリランドへの入り方や見所はちゃんと出ている。そのくらいには安全だということだ。ぼくも、ジブチの港を見てみたいと思っていたので、そのついでによっぽど行ってみようかと思ったほど(むろんあの地の状況はすぐ変わるので、行くときにはちゃんとチェックしてほしい。一応エチオピアとは戦争中なので)。ちょっと脚色しすぎじゃないですか、と思ってしまったのだ。

でも、だんだん現地に入り込んで国家システムがないところでも自然発生的な秩序が出来ているのを詳しく記述しはじめると、やはり現地を見てきた迫力がだんだん出てくる。さらに後のほうで、プントランドや南部ソマリアまで出かけているのにはびっくり。あそこはリアル『北斗の拳』の修羅の国だと聞いていたし……ここらへんの状況を書いた本はなかなかない。深い地政学的・経済的・制度論的な考察があるわけではないが、逆にあまり色のついた記述にはなっていないのがありがたい。もうちょっとまとめてくれてもいいんじゃないかと思うが、まあそれは著者の持ち味でもある。

結構重い、考えようによっては深くつっこめるネタもたくさんありながら、非常に楽しく読めるという点でおすすめ。冒頭にも書いたけれど、実際に行くのもそんなにむずかしくなさそうなので、年度が終わって暇にしているバックパッカー諸賢は是非。

こういう現地紀行はやっぱり楽しい。他の人が見るところは、自分とはちがう。同じところを見てもまったくちがう場所に思える場合さえある。そしてぼくが一生知ることはない場所の記録は、それだけで貴重なものだ。その一つが国分拓『ヤノマミ』(日本放送出版協会)。アマゾンの奥地にいる少数民族で、一万年前と代わらない生活を送っているとされる人々。NHKがテレビ/映画を撮りに現地に入り、地元の人々と暮らした記録だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kanbakanba 津田大介さんが『報道ステーション』で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)についてちらりと紹介していた。話題になっているなぁ。少し前に山形浩生さんもレビューしていたし、これは買ってこねば。 https://t.co/rHzShlwGDY 5年以上前 replyretweetfavorite

agyrtria サイフォンの科学史は必読だなあ。インターシフトは相変わらずの芸風で、なんか安堵w 第一二回  5年以上前 replyretweetfavorite

luckyyjp 第一二回  『サイフォンの科学史』気になる。 5年以上前 replyretweetfavorite

hanmotocom 第一二回  ※仮説社『サイフォンの科学史』が紹介されてますよ。 5年以上前 replyretweetfavorite