私たちの大好きな山崎樹範

今回取り上げるのは、吉井怜との結婚が発表された俳優の山崎樹範。名脇役として活躍していて、最近ではバラエティ番組などでもよく見かけます。山崎樹範の魅力はどんなところにあるのか、無類の「やましげ」好きの武田砂鉄さんが、愛情たっぷりに書いてくれました。

「俳優がみんなストイックだと思ったら大間違い!」

「火事だ!」くらいの声の大きさで「やましげだ!」と叫ぶ声が聞こえる。急いで仕事部屋を出て、リビングに駆け込む。山崎樹範(以下、やましげ)のことがとにかく好きな妻と一緒に暮らしているうちに、我が家ではやましげの存在が特別視されるようになった。かといって出演情報を隈なくチェックしているわけではない。「やましげとは唐突に出会うべきであり、レア感を堪能するのが正しい接し方」との定義を共有している。

朝ドラを見終わった後にそのまま『あさイチ』を眺めていると、時折やましげがゲストで登場することがあり、そういう日はやましげを堪能するために仕事の始業を遅らせる。コアな視聴者の中にも同様にやましげを堪能しようという動きがあり、特集テーマに準じたメール・FAXを募るコーナーでも、やましげ個人に宛てた突っ込みのメッセージを送ってくることが少なくない。そういう状況に応対するやましげの切り返しは漏れなく面白い。いつだったか、荒ぶるように吐いた「俳優がみんなストイックだと思ったら大間違い!」は、彼らしさの詰まった至言だった。

「山崎さんが来るとピリッとするよね、と言われたい」

毎月、雑誌『ダ・ヴィンチ』を開いて真っ先に読むのは、星野源のコラムでもオードリー若林のコラムでもなく、やましげのコラム「やましげのミカタ」である。連載に毎月記されているスローガン「気になることは山ほどあるよ。でも大きな声では言えないよ。だって、やましげなんだもん。」を具象化していくコラムが読ませる。2015年1月号では「やましげあるある」として、「『あのドラマ観てました!』と言われたドラマに出ていない」「『そのドラマに俺出てたよ』と言っても『出てたっけ?』と言われる」を挙げた。本人としては不服のようだが「浪人生っぽい」との周囲の声も的確だ。時折、予備校に流れ込んでいく少々老け込んだ学生を見かけると、そこはかとないやましげ感が漂っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

『紋切型社会』の著者・武田砂鉄による新しい時代の芸能評論。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hiratatouson |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 「ありのままの自分を肯定せずに、それなりに他者の価値観にとらわれる」山崎樹範、いいですね。 https://t.co/pTy2NzNJrl 2年以上前 replyretweetfavorite

nktu_pdu イラストのってる 2年以上前 replyretweetfavorite

makarena3 「それなりに他者の価値観にとらわれるやましげ」なんかわかる気がする 俺だってやましげだぜッと言いたい  2年以上前 replyretweetfavorite

Neishan48 やさしいやましげ、やさしい砂鉄さん。 2年以上前 replyretweetfavorite