真偽よりも感情だ!キュレーションメディアは無くならない

炎上にとどまらず、社会問題にまで発展しているキュレーションメディア騒動。そもそもキュレーションメディアとはなんなのか、旧来のメディアとの違いから炎上に至った原因を考えます。また、デマが蔓延するキュレーションメディアを支えた「ポスト・トゥルース」と、そもそも公正性さえ議論されないレコード大賞の問題とは? 年に一度のお楽しみ、「すべてのニュースは賞味期限切れである」大忘年会のお知らせもあるので、ぜひ最後までお読みください。

大炎上の「キュレーションメディア」とはなんなのか?

速水健朗(以下、速水) 医療・ヘルス分野のキュレーションメディア「WELQ」が大炎上。記事も非公開になった。

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) 運営するDeNAは、まず12月1日に「WELQ」を含む9つのメディア(WELQ、iemo、Find Travel、cuta、UpIn、CAFY、JOOY、GOIN、PUUL)すべてを非公開にすることを発表、続く12月5日には傘下の株式会社ペロリが運営する女性向けファンションメディア「MERY」までもが非公開になりました。

速水 結果、DeNAだけじゃなく、まとめサイト系にまで延焼してキュレーションメディア全体が糾弾されている感じの様相になってる。実はこっそり記事を消してるキュレーションメディアもかなりあるよ。

おぐら キュレーションメディアってほとんど利用はしないんですが、MERYだけは噂に聞いてました。読者が2000万人いて、PVが月間4億ちかくあるとか、部長クラスが20代前半とか、女子大生が記事を書いてるとか。

速水 そういう概要だけを聞くと、なんとなく新しい時代の大きな波って感じはするんだよね。

おぐら さすがに芸能界や出版業界といった世界とは断絶しているのかと思いきや、今年の3月には紙の雑誌「MERY」を創刊して、現在までに4号出ています。しかも表紙は創刊号が有村架純、2号は高畑充希、3号は小松菜奈、12月1日に出た最新の4号は本田翼と、誌面に登場するタレントも含め、芸能界ど真ん中のキャスティングですよ。


MERY vol.01

速水 正直ざまみろってところだよね。キュレーションメディアっていつの間にか定着した感があるけど、「キュレーションメディア」の単語でその意味を調べようとしたけど、どれもよくわからない。

おぐら 実質パクリサイトの代名詞みたいに思われてた節もありますし。ただ今度の問題が大きく取り上げられたとはいえ、それでキュレーションメディアが淘汰されるかって言ったら、そんなことまずないでしょう。

速水 いわゆる「中の人」たち何人かに話を聞いてみても、メディアをつくっているという自覚は総じて薄いんだよね。アルゴリズムをつくっているという意識でしょ。あと読者への意識もなくて、「PV」とか「トラフィック」とかしか言わないし。

おぐら 編集者でもライターでもなく、新しい職業ですよ。バイラルメディアを運営する人たちの取材記事を読むと、パクりパクられは当たり前、オリジナルのコンテンツはコストに見合わないから作らない、テレビ局とか出版社のコンテンツは欲しい、みたいなことを言っていて、旧来のメディア企業とは完全に次元が違う*。
* 「テレビやゲームの時間をリプレイスしていきたい」 BuzzNewsやCuRAZYなど注目の「バイラルメディア運営者」が明かしたサバイバル戦略

速水 実際、DeNAにしても、自分たちがメディア企業であるという意識は希薄で、目に入っているのは、Googleの検索上位という結果だけ。そこに目的がある以上、大手のDeNAだけ取り除いても次が出てくるだけなので、著作権意識が低くて内容の信頼度が低いニュースメディアは減らないだろうね。

おぐら YouTubeによくあるテロップとBGMが流れてくるだけのやつとか、芸能人のWikipedia情報とゴシップ記事を並べて「どうやら噂みたいです」とかの何も言ってない適当なコメントつけてるだけのまとめサイトとか、イライラを通り越して虚しい気持ちになるんですよね。

速水 人気のある芸能人の名前もそうだけど、もともとアクセスを集めるテーマとタイトルが、いまやビッグデータによって示されてるんだよ。

おぐら WELQの記事にしても、クラウド上で雇われたライターたちが、アクセスを集めやすそうなタイトルなりテーマなりを提示されて、根拠もないまま指導通りに記事を書いたと。

速水 この問題の一番の本質はそこだと思う。それを取材したのは、BuzzFeed。「データ分析により検索エンジンで上位を狙える記事のテーマ・構成を決める」という部分*。
* DeNAの「WELQ」はどうやって問題記事を大量生産したか 現役社員、ライターが組織的関与を証言

おぐら つまり、記事を書いた外部ライターが個人の判断でバズを狙ったのではなく、検索結果で上位にくる記事の作成がマニュアル化されていた。

速水 そこも大事だけど、アクセスが見込める記事のテーマやタイトルは、もはやビッグデータでわかっているんだって部分でしょ。

おぐら 正直、この対談もウェブで連載しているので、担当編集がアクセス数を重視して付けたタイトルをめぐって「煽りすぎだ!」「でもこっちのほうが数字が伸びるんです!」「そもそも対談の中でそんなこと言ってない!」「大枠では言ってます!」「表現が強すぎだ!」「タイトルはこのくらい強めに言い切らないとダメなんです!」って、しょっちゅう揉めてますから。

速水 村上春樹は1980年代にライターの仕事を「文化的雪かき」って呼んだけど、もはやキュレーションメディアで仕事をするネットライターの役割って、それ以下になってるよね。

おぐら この連載の対談テーマも、いっそビッグデータに決めてもらいましょうか。

速水 というかこれ、次の段階になると、AIで記事の生成が始まるよね。現状はクラウドソーシングの激安ライターに金を払った方が安上がりという現状があるとはいえ。

「ポスト・トゥルース」で「神ってる」が納得できない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cbwinwin キュレーションメディアしかりトランプしかりポスト・トゥルースか 3年弱前 replyretweetfavorite

caliente_0 求め人が居なけば生まれないし、続かないよねえ。 3年弱前 replyretweetfavorite

X68k はあ……「速水 正直ざまみろってところだよね」 https://t.co/wIJnBQx4T8 3年弱前 replyretweetfavorite

ataru_mix "メディアをつくっているという自覚は総じて薄いんだよね。アルゴリズムをつくっているという意識でしょ。あと読者への意識もなくて、「PV」とか「トラフィック」とかしか言わない" 3年弱前 replyretweetfavorite